生ごみが劇的に減る!ゼロウェイスト生活におすすめのコンポスト5選

コンポスト

コンポスト」とは微生物など、生き物の力を借りて枯れ葉や生ごみを分解、発酵させて堆肥を作ること。自宅で実践すると生ごみを捨てずに済むため、ごみの量がかなり減り、ごみ出しも楽になります。

コンポストは置き場所や頻度によって、さまざまな方法があります。この記事では、数あるコンポストのなかから取り組みやすいものに絞ってご紹介します。

1. 生ごみを庭やプランターに埋める

コンポスト

もし庭やプランターがあれば、そこに野菜くずなどを「埋める」方法がおすすめです。やり方は極めてシンプルで簡単。庭であれば穴を掘ってその中に生ごみを入れ、上から生ごみが見えないように土をかぶせるだけ。プランターの場合は土を入れたプランターに穴を掘り、そこに生ごみを入れて上からしっかり土をかぶせれば完了です。数日~1週間後には、生ごみの分解を確認できるでしょう。

2. 堆肥が出ない「キエーロ」

「キエーロ」とは、黒土に含まれるバクテリアの力を活かし、生ごみを分解、消滅させるコンポストです。神奈川県の葉山町で生まれ、今では全国に広まっています。ベランダに設置できるミニサイズのものから、庭に設置する大きめのサイズまでがあるため、家の大きさや住まいの形態に応じて実践できます。キエーロの使い方は簡単。通気性のある木の箱の中に黒土を入れたら、穴を掘って生ごみを入れ、土をかぶせます。これを数日おきに繰り返します。

時期にもよりますが、早ければ数日間で生ごみが消えます。多くのコンポストの場合、しばらくしたら土をガーデニングに使うなどして入れ替える必要がありますが、キエーロは土を替えることなく、半永久的に使い続けられます。

キエーロは量販店では売っていませんので、自作する方が多いものです。購入したい方は、まずはお住まいの地域の自治体がキエーロをおすすめしているかどうかを調べてみてください。自治体によっては、補助金を利用してキエーロを安く購入できます。(違う自治体の方でも買えることがあるようなので、問い合わせてみてください。)

【コンポスト~実践編】ゴミを入れるだけの超簡単コンポスト「キエーロ」の実力とは?

3. おしゃれな外観が魅力のLFCコンポスト

コンポスト-LFC

「LFCコンポスト」は、スタイリッシュな見た目と便利なシステムで人気を集めています。使用するのは、LFCオリジナルのトートバッグ。この中に付属の土を入れ、そこに生ごみを定期的に加えます。手で持てるほどの大きさであり、ベランダなどにも気軽に置けます。定期便を利用すると、自分に都合のよいサイクルでコンポスト基材が届きます。若干コストはかかるものの継続しやすく、困った時はアドバイザーに相談できるところなども初心者にとっては心強いものです。

4. 手軽に始められる段ボールコンポスト

自家製コンポスト

段ボール箱に腐葉土、米ぬかを入れておき、そこに生ごみを入れて発酵させる方法です。プランターや庭に埋める方法に比べると多少材料費がかかりますが、基本的には非常にリーズナブルな方法です。腐葉土は100円ショップで入手できますし、米ぬかはお米屋さんに頼めば無料で手に入れられることも。

生ごみが出たら穴を掘って投入し、米ぬかをかぶせ、最後に腐葉土をかぶせます。時々かき混ぜることによって、土の中にいる微生物が1週間程度で生ごみを分解してくれます。長く続けていると、水分で段ボールが破れてきてしまうため、木箱などのしっかりした箱で代用しても良いでしょう。

5.みみずに生ごみを食べてもらう、みみずコンポスト

みみずコンポスト

海外では主流のみみずコンポスト。コンポストにみみずを入れて、生ごみを堆肥化させます。底がない円柱型の容器を土の上に置き、その中に植木鉢を置いてみみずを入れ、さらには生ごみを入れていく方法です。生ごみをみみずに食べてもらうことで堆肥化が促進されます。

コンポストが初めての方は、まずは気負わずに小さく、ひっそりとスタート。うまくいったら少しずつ規模を拡大してみましょう。コンポスト実践者も「まずは実験感覚で、少しずつ試してみたよ」という方がほとんどです。まずは、始めてみましょう!

【関連ページ】ハーチ社内でコンポスト座談会を開催!コンポスト生活の実態を紹介!

ゼロウェイストなくらしのガイド

ゼロウェイストなくらしのアイデア

ゼロウェイストを体験する

ゼロウェイストなくらしを体験できる、カフェ・レストラン、バルクショップやホテル情報、マップなどを紹介します。