JUN(ジュン)グループが、不要ダウン回収キャンペーンを全国155店舗で10/1より開始

「ロペ」「ロペピクニック」「アダム エ ロペ」などのファッションブランドを展開する株式会社JUN(ジュン)は、10月1日から全国のジュングループ155店舗でダウン(羽毛)製品の回収を開始する。同社はダウンジャケットや布団などに使われている羽毛を循環資源としてリサイクルする「Green Down Project(グリーンダウンプロジェクト、GDP)」に賛同しており、今年で3年目の取り組み。2023年3月31日まで実施する。

ダウンは軽く温かい人気の天然素材だが、古くなれば廃棄するか、中古品として売るなどの処分方法が大半だった。同プロジェクトは「羽毛循環システム」の推進を目的に企業、団体が連携し、ダウン製品の回収、羽毛の洗浄を行い、新しいアイテムとして生まれ変わらせる取り組み。一般社団法人Green Down Projectが2015年にスタートした。

「企業の技術だけでは「羽毛循環サイクル社会」は実現できない。羽毛に関わる企業をはじめ地域 社会、そして生活者一人ひとりの理解と協力により羽毛循環システムがつくられる」と同法人は提唱する。

ジュンは2020年に同プロジェクトに参画、昨年は580着を超えるダウン製品を回収した。今年は回収店舗数を増やしたほか、リサイクルされたダウンでの商品企画を行う。回収対象商品はダウンジャケットなど衣類製品のみ(羽毛布団・寝袋は不可)、ダウン(羽毛率50%以上のもの、他社製品も可)、Green Down Project 「VIRGIN DOWN 」のハングタグが購入時に付いている商品。汚れのある商品や穴のあいている商品も対象になる。

【ジュン】回収BOX店舗

昨年のプロジェクト開催中に、店頭に設置されたダウン回収ボックス

回収実施ブランドと店舗は、ロペ、アダム エ ロペ、サロン アダム エ ロペ、ロペピクニック、ビス、ジュンレッド、ナージー、ジュンアンドロペ。一部対象外の店舗もある。回収BOX設置店舗一覧は https://www.jun.co.jp/news/company_0926で公開する。

回収期間中は「GLOBAL IDポイントプレゼントキャンペーン」を開催。サービス会員「JUN GLOBAL ID 会員 」が対象のダウン製品の回収に協力すると、回収1回につきサービスポイント「JUN GLOBAL IDポイント」500ポイントがその場でプレゼントされる。新規入会も対象。

ジュングループでは、温室効果ガスの排出を減らすため、全活動において、限りある資源やエネルギーの消費を抑え、製造ロスの削減、再生可能エネルギーへの切り替え、里山の再生などを進めている。具体的なプロジェクト内容を紹介したSDGs特設サイトを公開。店頭では地球に配慮した素材で作られた商品とあわせステートメントも提出している。店を訪れたにチェックすると、好きなブランドやアイテムについて新たな発見があるかもしれない。

【関連ページ】:服を捨てずにリサイクル!おすすめの寄付先や問題点も
【関連ページ】2021.05.19 【2022年】着なくなった服、捨てるの待って!常設で衣服回収を行うアパレルブランド13選

The following two tabs change content below.

富永周也

地方紙、業界専門紙など日刊紙記者として製造業、流通、地方行政、ファッション、ライフスタイルなど幅広く取材。SDGs、ESGは氾濫ぎみの情報から、本流を探す。プライベートでは一次産業にも興味あり。