富山市にオープンした、サステナビリティの複合施設「トトン」に行ってきた!

イス

富山市に2022年9月23日にオープンした「トトン」は、地元のいいモノを取り入れながら「サステナビリティ」や「サーキュラーエコノミー」をテーマにした複合施設。今回は、オープン前日のプレス内覧会に行ってきた時の様子をレポートします!

6つのエリアで構成

お花
「トトン」がある場所は、富山駅から車で12分ほどの「問屋町」という、名前から想像がつくとおり倉庫が並ぶエリア。施設は、企画運営を手掛けている株式会社米三(コメサン)の2階建ての倉庫をリノベーションして作られた、とても広く、開放的な雰囲気の施設です。

施設内は、マテリアルライブラリー、サーキュラーショップ、リペア・DIYスペース、コワーキングフロア、カフェ・朝ごはん、フォトスタジオの6つのエリアで構成されているので、今回は、それぞれのエリアの魅力を写真と共に紹介します。

アップサイクルのアイデアの宝庫「マテリアルライブラリー」

入口を入ってすぐ左側には「マテリアルライブラリー」があります。ここには北陸を中心とした企業が持つ端材などが展示されており「これはアップサイクルに使えるかも」と気になる素材があったら、企業の仲介もしてもらえるそうです。
マテリアル
マテリアル

北陸発のアップサイクル品もある「サーキュラーショップ」

ショップ

「サーキュラーショップ」は、トトンのバイヤーさんが、独自の目線で選んだサステナブルなアイテムが並ぶショップスペース。端材や廃材などをアップサイクルして作ったバッグやアクセサリー、食器などが置かれています。どれもこれも素敵なのですが、今回は、トトンのオリジナルアイテムや、北陸にちなんだアップサイクル品をご紹介します。

オリジナルの焼きもの

草木からつくられる釉薬をつかい作陶する、百六十年の伝統を持つ三助焼は、富山県砺波市の伝統工芸の一つです。トトンでは、三助焼の中でも妙薬がうまくのらなかったり、少しだけかけたり、といった理由で売り物にされなかった焼き物に手を入れて、トトンのロゴが入ったオリジナル品として販売しています。私は、草木が醸し出す独特の色あいに一目で心を奪われてしまいました。
焼きもの
焼きもの

メガネの素材でできたアクセサリー

福井県の鯖江市は、メガネの産地。なるべくゴミは出さないようにしているものの、どうしてもメガネのフレームの材料の端材が出てしまうそうです。「捨てるのはもったいない」ということで作られているのが、端材を加工したアクセサリーです。
ピアス
リング

メガネのはじっこ

材料となる、メガネの端材の一例です。

自由に楽しめる「リペア・DIYスペース」

サーキュラーショップの奥には、回収した家具をばらした部品や端材などを使ってDIYができる「リペア・DIYスペース」があります。工具や機材も完備されており、材料を持ち込むこともできます。また、家具職人が常駐しているので相談も可能。当面は予約制なので、詳しくはウェブサイトをチェックしてみてください。
DIYスペース
端材

アップサイクル家具が並ぶ「コワーキングフロア」

2階に上がってすぐのスペースにあるのは、広い「コワーキングフロア」。Wifiや電源、コピー機も完備されていて、個人または法人として利用できます。利用時間は、会員は7:00〜18:30、非会員は10:30~18:30です。

並んでいるのは、アップサイクルされた独創的な家具ばかり。ここで作業をしたら、新しいアイデアがムクムク浮かんできそうです。会員制プランのほか、一般の一時利用も可能なので、気になる方はぜひウェブサイトで確認を。
コワーキングエリア
コワーキングエリア

このエリアには、イベントスペースもあります。登壇者はここに座って話すこともできる、とのこと! 
イベントスペース
トトンの立ち上げに参加している、富山で和箪笥のアップサイクルを行う「家’s」の伊藤さんのお気に入りは、イベントスペースに腰かけた時に見える、この風景だそうです。天井からの光と緑の色彩が心地よい空間になっています。
天井

ここならではの雰囲気で写真撮影ができる「フォトスタジオ」

コワーキングフロアの奥には、プロのカメラマンが常駐するフォトスタジオがあります。事前予約することで、カメラ機材を含めスタジオの利用が可能。プロのフォトグラファーが常駐しているので、心強いです。
フォトスタジオ

富山のおいしいものを朝から満喫!「トトンKITCHEN」

トトンKITCHEN
同じく2階にある「トトンKITCHEN」は、午前7時から「朝食倶楽部」として営業しているカフェ食堂です。イチオシのメニューは、富山県魚津市の老舗料亭「浜多屋」のシェフがプロデュースしている、トトンの朝定食。メインの焼き魚は富山で水揚げされた魚を使用し、副菜にも県産野菜をふんだんに使うなど、地産地消を意識した献立です。
メニュー

個人的に感動したのは、器やお盆にもサステナビリティへの意識がある点です。B品やデッドストック品、端材を使い職人さんが作ったお盆が使われています。

昼は地元の老舗焼き肉店が本気で作るハンバーグと本格コーヒーを出す店になる予定で、食品ロス削減を意識したメニューも開発中だとのこと。楽しみです!

トトンは、富山の老舗家具屋である米三が、家具屋として直面してきたゴミ問題への解決策を考える中で生まれました。そのため「捨てる」考えを捨てさせてくれるようなアイデアが詰まった場所になっています。機会があったら、ぜひ訪れてみてください!

【参照サイト】トトン
【関連ページ】富山市問屋町のサステナブル複合施設「トトン」、9月23日にオープン。カフェやDIYスペースもあり
【関連ページ】: アップサイクルやリユースで古い道具に新たな命を吹き込む。「家’s」が目指す空き家のゼロウェイスト

The following two tabs change content below.

曽我 美穂

曽我 美穂(そが みほ)。2008年にエコライター・エディター・翻訳者として独立。雑誌やウェブサイトで編集、撮影、執筆、翻訳などをおこなっている。主なテーマはエコな暮らしやSDGs、環境問題。私生活では2009年生まれの娘と2012年生まれの息子の二児の母でもある。現在、富山県在住。個人サイト:https://sogamiho.mystrikingly.com/