ダイソーや無印も!紙製・生分解性水切り袋おすすめ7選

生ごみ

最近、よく目にするようになった紙製の水切り袋。またプラスチックフリーで土に還る生分解性のものなど、環境に配慮したものが出回っています。そこで今回は、環境に優しい水切り袋を集めました。使う頻度や予算に合わせて、ピッタリなものを見つけてみてはいかがでしょうか。

紙製・生分解性の水切り袋とは

紙や生分解性の水切り袋は、三角コーナーや、シンクで使っている水切りネットの代わりとして、また生ごみを集めて処分する役割として使える、今までの暮らしを少しだけプラスチックフリーにするアイテムです。

メリット

紙や生分解性の素材でできた袋で生ごみを捨てれば、プラスチックごみ削減につながります。

また、できれば生ごみは少し乾燥させて処分するのが、環境保全の面でもおすすめです。紙製の水切り袋を使うと手を汚すことなく、簡単に水切りが可能!キッチン周りも清潔に保て、家事のストレスフリー化も期待できそうですね。

関連ページ:コンポストより簡単!生ごみの臭いや量が激減する捨て方とは?

デメリット

紙製のものは、やはり水への耐性が問題に。もちろん耐水紙を使っていますが、今までのプラスチックのものと同じように扱うと、底が破れるという声も。袋の上から押さえて水を切る際は優しく、できれば袋に入れる前に、生ごみの水分はぎゅっと絞ってから入れるのが得策です。

紙製・生分解性の水切り袋おすすめ7選

1.DAISO 紙製 水切りゴミ袋

画像出典:DAISO

百円ショップ、DAISOで販売されている紙製の水切り袋。12枚入り(2柄)で、もちろん100円。コスパ重視の方はもちろん、紙製の水切りが気になるけれど、まだ試していない方、まずはDAISOのもので使い心地を試してみるのがいいかもしれません。しっかりと自立し、水に濡れても丈夫だとの口コミも多く、安心感があります。

【公式サイト】DAISO

    商品の詳細を見る:DAISO
    金額:110円(税込)/12枚

2.無印 紙製 水切り袋

水切り袋

画像出典:無印良品

無印良品から販売されている、自立する紙製水切り袋。シンクで使う場合にも安心の、水に濡れてもやぶれにくい耐水紙を使用しています。シンプルなデザインで、無印良品ファンの間でも人気のアイテムです。

大きな特徴は、こちらの水切り袋のパッケージも紙製だということ!穴が開いていることからもわかるように、中の紙袋を使い切ったら最後はパッケージを使い切れる仕様。実質21枚入りということに。これぞまさにゼロウェイストですね。

【公式サイト】無印良品

    商品の詳細を見る:無印良品
    金額:299円(税込)/20枚

3.ネクスタ 紙製水切り袋「紙製ごみっこポイ」

画像出典:Amazon

約100年前、紙袋の製造から始まったNEXTA(ネクスタ)。自社ブランド「ネクスタ」は今まで培ったノウハウと「環境」を掛け合わせ、暮らしの中で役立てるという観点から立ち上げたブランドなのだそう。

その商品第一号が、1979年生まれの「ごみっこポイ」。袋を開いて置けば、そのまま立てて三角コーナーとしての代わりに使えます。またキャンプなどアウトドアでも活用できます。野菜柄(写真)をはじめ、ベジタブル、カフェスタイル、フラミンゴとポップなイラスト柄を複数展開。気分で好きな柄を選べば、家事の時間も楽しくなるはず!

【公式サイト】NEXTA(ネクスタ)

4.アイメディア 水切り袋 しぼって・ポイ!

画像出典:Amazon

目(アイ)の付け所が独創的な商品を開発する、アイメディア。主に生活用品の企画や製造、卸などを行う1975年創業の会社です。

「水切りをもっと簡単に、生ごみをもっと手軽に捨てられたら」という声から生まれた、紙製の水切り袋。比較的大きめサイズで安定感があり、防水紙を使用した自立型なので、シンクに置いて使っても型崩れしにくいのが嬉しいですね。丈夫で破れにくい作りで、アウトドアにも持っていきたいアイテムです。

【公式サイト】アイメディア

    商品の詳細を見る:Amazon楽天
    金額:380円(税込)

5.カンキョーダイナリー シンクリン|生ゴミ用水切り紙袋|

1940年、静岡県富士市生まれの紙加工メーカーが運営する、カンキョーダイナリー。紙を扱うプロフェッショナルによる、環境に配慮した商品を集めたショッピングサイトです。「地球を想えば、ちょっとの不便も楽しめる」をテーマに掲げ、売り上げの一部は賛同している環境保全団体の活動に役立てられるのだそう。

水切り紙袋「シンクリン」は紙袋の下部分に穴が開いていて、水が切れる仕組み。自立するので、三角コーナーの代わりに使えます。耐水紙を使っているため、生ごみを入れたまま袋の上を折って水を出すことができ、手が汚れにくいのも嬉しいですね。

使用後はそのまま可燃ごみとして処分できるのはもちろん、コンポストに袋ごと入れることも可能!200枚のセット販売で、購入ごとにプラスチック包装を出さないこともエコなポイントです。

【公式サイト】カンキョーダイナリー

生分解性の排水溝ネットも

6.ethical store RE/AO 生分解性水切りネット 10pcs

画像出典:RE/AO

ethical store RE/AO(リアー)は、海や自然を愛するすべての人たちに向けた、環境に良い商品を集めたオンラインストア。 地球で暮らすすべての人や生き物、環境に優しい生活を応援し、セレクトエコ雑貨、日用品、食品などを販売しています。

トウモロコシのでんぷんを原料として作られた、生分解性の水切りネットは、「テラマック」という植物由来の樹脂でできたバイオマス素材のため、最終的に二酸化炭素と水に分解されて土に還ります。もちろん燃焼しても有毒ガスは出ず、生ごみと一緒にコンポストに入れられるのもうれしいポイントです。環境に優しいのはもちろん、目が細かいストッキングタイプで小さなごみもキャッチする優れもの。

フラットタイプと三角コーナー(排水溝)用の2種類があり、10枚単位の販売で、好きな枚数を購入できます。発送に余分な梱包を行わないなど、環境への配慮が伝わります。

【公式サイト】ethical store RE/AO(リアー)

7.aisen 水切りゴミ袋 エコ 10枚入

画像出典:aisen

「キレイを、楽しく」を目標に掲げる、1946年創業のaisen(アイセン)。キッチンや清掃、浴用、洗濯など、すべてのキレイを楽しくできるアイテムを提供している会社です。

こちらの水切りゴミ袋は、とうもろこしのでんぷんから得た乳酸を原料とした、ポリ乳酸繊維を使用。廃棄後も環境を汚染する心配のない、安心して使える水切りです。国産であるところもポイント!目を細かく編んだ二重底なので小さなゴミも逃さず、水通りのいい仕組みになっています。

【公式サイト】aisen

    商品の詳細を見る:aisen
    金額:330円(税込)/10枚

家事をもっと快適に、そしてエコにできるアイテム、自然に還る水切り袋を紹介しました。三角コーナーに被せているネットを、環境に配慮したものに置き換えるだけでも立派なエコアクションに!紙製、バイオマス素材などいろいろな種類があるので、実際に試してお気に入りを見つけてくださいね。

【関連ページ】ゼロウェイスト生活でできること!アイデアまとめ【キッチン編】
【関連ページ】ゼロウェイスト生活でできること!アイデアまとめ【洗面所編】

The following two tabs change content below.

mia

旅するように暮らす自然派ライター/オーガニック料理ソムリエ | バックパックに暮らしの全てを詰め込み世界一周。4年に渡る旅の後、AUSに移住し約7年暮らす。移動の多い人生で、気付けばゆるめのミニマリストに。 ライターとして旅行誌や情報誌、WEBマガジンで執筆。現在は自然に沿った生き方を自ら実践しながら発信中。地球にも体にも優しい暮らしのヒントをお届けします。