断捨離におすすめ!古本宅配買取サービス8選

古本

一度読んだ後、いつかまた読むかもしれないと置いてある本はありませんか。書籍は思いのほか家のスペースを占領しています。保管していても、実際にはもう読まないことも多いですよね。定期的に読むものではないなら、この機会に買い取り業者に引き取ってもらってはいかがでしょうか。今回は古本買い取り専門業者、リサイクルショップを紹介します。

古本業者を選ぶポイント

古本の買い取りは、売り手にとって処分しようとしていた本がお金に代わるサービス。それゆえ高額査定を目的にしがちです。ですが実際、業者に届く本の約半分が廃棄されるという背景もあり、そのときに使う段ボールや輸送に掛かる環境負荷まで全体的に考えてみたいもの。よい状態の本を必要な誰かの手に渡り、本が本として循環できる社会作りの一環として捉えてみてはいかがでしょうか。

そういう視点で取り組みをしている業者さんも増えています。あえてサステナブルなサービスを行うお店を選ぶことで、手放す方は廃棄をお金に替えつつ本の寿命を延ばし、さらに環境負荷を抑えることができるなどメリットがたくさんあります。

1.BOOK-OFF(ブックオフ)

古本買い取り業者

画像出典:BOOK-OFF

言わずと知れたブックオフ。古本買い取りと聞いてまず思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。20年以上の実績で、信頼感は抜群です。全国に900店舗以上あるため、思い立ったときに一点から持ち込める手軽さも魅力ですよね。宅配買い取りや出張買い取りなど、回収方法が豊富なのも強みです。

ただその反面、在庫量の多い本などは査定額が上がらない可能性もあり、店舗数の多いブックオフはその対象が多い傾向にあるのも事実。ただ幅広くなんでも買い取ってくれるメリットと、売りたいと考えている書籍の予想価格を天秤にかけて選びたいですね。

【公式サイト】ブックオフ

    回収方法:店頭、宅配、出張、店舗出張
    特徴:回収方法が豊富、店舗数が多い、キャッシュレス買い取り(Paypayで受け取り)、送料無料

2.NETOFF(ネットオフ)

古本買い取り業者

画像出典:NETOFF

ネットオフはリネットジャパングループが運営する、日本最大級のオンライン買い取り専門店。古本、ゲーム、CDやDVDを買い取り・販売しています。前身がブックオフグループだったこともあり、またロゴなどからもブックオフと混合されやすいですが、現在は全く別の会社となっています。

実店舗を持っていないにも関わらず会員数が400万人越えと知名度も高く、サービスへの信頼が高いことがわかりますね。宅配の買い取り専用で、自分で用意できなければ段ボールも無料で送ってくれ(6箱まで)、詰めるだけ。自宅で無料回収してくれるので、後は入金を待つだけです。申込時の買い取りシミュレーションで出た金額は保障されるのも、売り手には優しいサービスですね。

【公式サイト】ネットオフ

    回収方法:宅配
    特徴:大手買い取り専門店、キャンペーンあり、送料・段ボール無料、

3.BOOK Mania(ブックマニア)

古本買い取り業者

画像出典:ブックマニア

GEEKS株式会社が運営するブックマニア。一冊から送れて、手数料や送料完全無料の簡単買い取りが強み。大阪にある本買い取りセンターには毎日20名以上の本好きの査定スタッフが勤務、各地より届いた50,000/月の商品を一点ずつ丁寧に査定しています。

またブックマニアでは、古本に書き込みや汚れがあっても買い取りが可能。商品の状態によっては減額になるなど値段は期待できませんが、まとめて送りたいときにはとても便利です。万一値段がつかない場合も、無料で引き取ってくれるのもありがたいですね。

【公式サイト】ブックマニア

    回収方法:宅配、出張(関西近郊)
    特徴:完全無料、無料引き取り可、事前見積もり可

4. VALUE BOOKS(バリューブックス)

古本買い取り業者

画像出典:バリューブックス

バリューブックスは111,689人(2021年7月)の会員数を持つ、無料会員制の古本買い取りサービス。同社サイトによると査定依頼者の98%が買い取りに繋がっています。ちなみに平均買い取り額は、2021年の一年間の平均で4,080円とのこと、明確に数字を出しているのも安心感があります。

送料は一箱一律500円と有料ですが、査定後のキャンセル料・返送料は無料に。新規登録時は送料が無料になるクーポン付きです。

またバリューブックスはオンライン書店に留まらず、リアルな場所でも本と触れ合う場所を作っています。買い取れなかった本の一部は「ブックギフト」として保育園や福祉施設に寄贈、そして移動型書店「ブックバス」の実施など、「捨てたくない本プロジェクト」と称しさまざまな活動を通じて「本が循環する社会」を目指しています。

【公式サイト】バリューブックス

    回収方法:宅配
    特徴:送料500円/一箱、返送料無料、当日集荷あり、買い取り明細あり、お試し査定(スマホ)、ライブラリ機能

5 Vaboo(バブー)

古本買い取り業者

画像出典:Vaboo

バリューブックスの姉妹店、Vabooはバリューブックスと違い登録不要。さらに手軽に本を手放せるのが魅力。しかも「ソクフリ(査定完了次第振込)」の場合、査定金額に100円追加で振込まれます。Vabooでは本だけでなく、漫画やゲーム、CD・DVDの買い取りにも対応しているため、まとめて送ることができて便利です。

またバリューブックス同様送料は有料ですが、それは「買い取れない本を減らす」ため。今まで届いた本の半分は廃棄されていたため、余分な運送費や環境負荷が出ていました。有料にすることで売る側も厳選して送るようになりますし、その結果、買い取り金額にプラスに反映されるので嬉しいですね。ちなみに買い取り金額が500円未満の場合は0円になるだけで、自己負担にはなりません。

【公式サイト】バブー

    回収方法:宅配
    特徴:送料500円/一箱、返送料無料、当日集荷あり

6.ブックサプライ

古本買い取り業者

画像出典:ブックサプライ

ブックサプライは大阪に拠点を置く本、CD・DVD、ゲームの買い取り販売を行う業者。

特徴としては、購入から一ヶ月以内の書籍の買い取りの際、購入時のレシートと一緒に送ると低下の50%で買い取ってくれること。買い取りを希望する場合は、購入からなるべく早めに行うことをおすすめします。またサイト上でバーコードと状態を打ち込むと、簡単査定もできるので事前にだいたいの金額がわかるのも便利です。

特徴的なのがチャリティプログラム「ほんのきもちプロジェクト」として、支払い方法で「寄付」が選べる点。寄付を選択すると、査定金額全てを連携している団体へ寄付してくれます。今まで大切に読んでいた本を、寄付金に替えられるサービスです。

【公式サイト】ブックサプライ

    回収方法:宅配
    特徴:初回段ボール無料、査定合計金額が2,000円以上で送料無料、送料500円/一箱

7.買取王子

古本買い取り業者

画像出典:買取王子

買取王子は「いろいろ(無料で)送って即入金!」を売りにしている、本やゲームから家電まで60種類以上のジャンルを取り扱う大手買い取り業者。自宅で簡単にできるネット宅配買い取りサービスが特徴です。

2021年における年間査定実績は695万点、成約率は94%を超えているため、安心して任せることのできるサービスと言えます。また高く買い取ってくれるキャンペーンも随時実施しているので、送りたいものができたらチェックしておいて高額買い取りの期間に送ることで査定額アップを狙えます。

【公式サイト】買取王子

    回収方法:宅配
    特徴:買取箱(段ボール)無料、一点から送料無料、返送料無料、ジャンル豊富

8. BOOKRIVER(ブックリバー)

古本買い取り業者

画像出典:BOOKRIVER

専門書、医学書、ビジネス書に特化した買い取り専門業者です。人気商品は高額で買い取ることを謳っています。専門書・医学書を中心とした書籍を中心に扱う、インターネットに特化した販売・買い取りをすることで、本の高額買い取りを実現しています。

ブックリバーでは専門書の市場価値や希少価値に詳しいプロのスタッフが書籍の査定を担当しているので、正当な価格が期待できます。まず迅速査定を受け2,000円以上であれば、一冊でも送料無料で買い取ってくれます。

段ボールについては家にあるものかなければ集荷時、配送業者に依頼すると購入可能です。段ボールの領収書を一緒に箱に入れて送ると、金額を負担してくれるので実質無料ですね。

【公式サイト】ブックリバー

    回収方法:宅配
    特徴:事前査定、査定合計金額が2,000円以上で送料無料、買い取り明細あり

古本買い取りサービスを利用する際、レビューなどを見ていると賛否両論のことが多く、迷ってしまいます。査定基準や利用者のレビューなどを調べて、心地よいやり取りができそうな業者さんと出会えるといいですね。

最近では環境問題にも配慮した取り組みを行うところもあるので、そういう視点を選ぶ基準に入れるのもおすすめです。

【関連ページ】ゼロウェイスト生活でできること!アイデアまとめ【本編】
【関連ページ】日本のゼロウェイスト宣言都市まとめ・一覧

The following two tabs change content below.

mia

旅するように暮らす自然派ライター/オーガニック料理ソムリエ ・アロマ検定一級 | バックパックに暮らしの全てを詰め込み世界一周。4年に渡る旅の後、AUSに移住し約7年暮らす。移動の多い人生で、気付けばゆるめのミニマリストに。 ライターとして旅行誌や情報誌、WEBマガジンで執筆。現在は自然に沿った生き方を実践しながら発信中。地球と人に優しい暮らしのヒントをお届けします。