環境や海に優しい洗濯ネット4選!マイクロプラスチック対応や天然素材を選ぼう

洗濯ネット

毎日の洗濯で、プラスチック繊維(マイクロファイバー)が流出して美しい海を汚しているのだとしたら。そして、洗濯時に少し工夫をするだけで、それらを減らすことができるとしたら…。今回はそんな願いを叶えられるマイクロプラスチック対応の洗濯ネットや、コットン100%の洗濯バッグを4つ紹介します。日常の一部である洗濯の「選択」を見直してみませんか。

マイクロファイバーの流出を防ぐ工夫

洗濯
私たちが着ている衣服はコットンやウール、麻といった天然繊維から、ポリエステルやナイロンなどの化学合成繊維までさまざまな繊維でできています。合成繊維を洗濯したときに出るファイバー状(繊維状)のプラスチックは排水されて海へ流れ着きますが、自然分解は難しく、半永久的に海洋を漂うことになるのです。

理想は天然素材の服を選ぶことですが、すでに手元にある合成繊維でできた服を洗濯する際にできることのひとつが、マイクロプラスチックの流出を防ぐ洗濯ネットの使用です。

1.Patagonia(パタゴニア)「グッピーフレンド・ウォッシング・バッグ」

洗濯ネット

画像出典:パタゴニア

自然愛好家であるドイツの非営利団体「STOP!MICRO WASTE」が、マイクロファイバー流出を防ぐ解決のためにと開発・製造した「グッピーフレンド・ウォッシング・バッグ」。パートナー企業のパタゴニアから販売されています。

材料はポリエステル100%。ただし生地はモノフィラメントという、一本の繊維からなる丈夫な糸、棒に近いもので、繊維そのものが失われることはないのだそうです。フィルター素材は無加工、無染色、無添加です。

衣服を入れて洗濯することで、マイクロファイバーの流出を大幅に防ぐことができるだけではなく、化繊衣類を守り、寿命を延ばすことも可能だとか。洗濯後、バッグに残ったマイクロファイバーは取り除いて適切な処分ができます。もちろん目に見えないほどの小さなものはありますが、無意識に垂れ流しているという現状を、少しでも変えるきっかけにはなるはずです。

参照サイト:GUPPYFRIEND

【公式サイト】パタゴニア

    金額:4,070円(税込)

2.EARTH FRIENDLY SHOP(アースフレンドリーショップ)「マイクロプラの流出を防ぐ洗濯ネット」

洗濯ネット

画像出典:EARTH FRIENDLY

「Social-Good in your daily life」をコンセプトにオープンされたEARTH FRIENDLY SHOP。
「心地よく、誰かを思いやれる世界」を目指し、ひとつひとつのアイテムの製作や選定にこだわりを持って取り組んでいます。プラントベースなど土に還る素材を選ぶことはもちろん、オシャレで可愛く、手にしたときにときめくアイテムを届けています。

EARTH FRIENDLYの洗濯ネットは、衣類を中に入れて洗濯することで、細やかで特殊な網目がマイクロプラスチックファイバーをキャッチして、海への流出を減らします。容量はカットソーなら4~5枚程度、繊細な生地の場合は一枚で使うのがおすすめです。

【公式サイト】EARTH FRIENDLY SHOP

    金額:2,420円(税込)

3. ADASTRIA(アダストリア)「FIBER HOLD BAG(ファイバーホールドバッグ)」

洗濯ネット

画像出典:ADASTRIA

「ファッションのワクワクを、未来まで。」というサステナビリティポリシーのもと、「環境を守る」「人を輝かせる」「地域と成長する」を3大テーマに掲げ、さまざまな取り組みを行っているアダストリアグループ。

海洋汚染の原因となっている繊維くずに着目して開発されたのが、繊維くずの海への流出を防ぐ洗濯ネット「FIBER HOLD BAG(ファイバーホールドバッグ)」です。

表面に0.05ミリという細かい網目の生地を使用。これは通常のネットと比べても細かく、洗濯の際に微細なマイクロプラスチックファイバーがすり抜けない仕様になっています。洗濯ネットを使用しない場合と比べると、最大で80%の流出抑止効果があることが確認できているのだとか(同社調べ)。

内側に入れた網目の大きな生地がフィルターのような役割をし、抜け落ちたマイクロプラスチックファイバーが衣類に再び付着することを防げます。さらに衣服とマイクロファイバーをそれぞれ取り出しやすくするため、ファスナーを上下に配置した構造に。SML、3種類のサイズがあるので使い分けにも便利ですね。

【公式サイト】ADASTRIA Play fashion!

    金額:1,870円(税込)Mサイズ~

プラスチックフリーの洗濯ネットも!

また、洗濯ネットもプラスチックフリーや天然素材のものが販売されています。天然素材の洗濯ネットを選ぶことで、洗濯時に出るマイクロプラスチックの量を減らすことができます。

PRISTINE(プリスティン)「海にやさしい 洗濯ネット」

PRISTINE

画像出典:PRISTINE

アバンティの自社ブランド「PRISTINE(プリスティン)」は、「清らかな汚れのない状態をずっと維持しつづけていく」という願いを込めて、1996年に誕生。アパレルからリビンググッズまで、毎日の暮らしに寄り添うライフスタイルをオーガニックコットン製品を中心に展開、提案しています。

「海に優しい 洗濯ネット」はオーガニックコットン6割と、生分解性に優れたでんぷん由来の乳酸繊維を一緒に編み込んで仕上げた洗濯ネットです。プラスチックフリーであることにこだわり、ファスナーやジップの代わりにストリングス(ひも)を結んで使う仕様です。サイズはたっぷり入る長方形(縦70cm×横50cm)。同じシリーズでランジェリー用も展開しています。
ストリングスをリボンのように結ぶ、洗練されたデザインのバッグは贈り物にも喜ばれそうです。

【公式サイト】PRIESTINE(プリスティン)

    金額:3,520円(税込)

今回は洗濯ネットやコットンバッグを紹介しました。これらのバッグはマイクロファイバーの抜け落ちを防ぐほか、大切な衣類を長持ちさせる効果も期待できます。小さくても毎日のことを見直す価値はありそうですね。

【関連ページ】ゼロウェイスト生活でできること!アイデアまとめ【洗濯編】

The following two tabs change content below.

mia

旅するように暮らす自然派ライター/オーガニック料理ソムリエ | バックパックに暮らしの全てを詰め込み世界一周。4年に渡る旅の後、AUSに移住し約7年暮らす。移動の多い人生で、気付けばゆるめのミニマリストに。 ライターとして旅行誌や情報誌、WEBマガジンで執筆。現在は自然に沿った生き方を自ら実践しながら発信中。地球にも体にも優しい暮らしのヒントをお届けします。