【2022年】コンビニコーヒーに便利な蓋つきタンブラーおすすめ10選

マイカップ

通勤時や休憩時など、つい飲みたくなってしまうコンビニコーヒー。紙カップやプラスチックカップではすぐに常温になってしまい、おいしく味わえる時間が短くて悩んでいませんか。そんなときにはタンブラーを利用すると、より快適にコンビニコーヒーを楽しむことができますよ。しかも、紙やプラスチックなどのごみの削減にも貢献できるので一石二鳥です。この記事では、コンビニコーヒーをより快適に楽しむためにおすすめのタンブラーを10点紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

マイタンブラーに対する各社の対応は、【2022年】コンビニコーヒーを4社で比較!マイタンブラーで楽しむ方法にまとめています。

1. OCTERR マグカップ380ml

OCTERR マグカップ380mlの商品画像

画像出典:Amazon

真空断熱二重構造で保温・保冷機能が優れたOCTERRのマグカップ。コーヒーをゆっくり味わいながら飲みたい人におすすめです。表面の手触りはざらっとしていて、取っ手がなくても滑らないように工夫されています。蓋は密閉性が高く、カバンの中に入れても安心です。

2. ドルチェデュオ サーモタンブラー370ml

ドルチェデュオ サーモタンブラー商品画像

画像出典:Amazon

付属の蓋にストローを挿して飲むことができるドルチェデュオサーモタンブラー。アイスコーヒーをよく飲む方におすすめです。また、アルミ製や竹製のストローを使えば、よりサステナブルにコーヒーを楽しめますよ。

3. ドウシシャ コンビニマグ360ml

ドウシシャ コンビニマグの商品画像

画像出典:Amazon

コンビニコーヒーで使うことを前提に作られたコンビニマグ。コンビニコーヒー用のタンブラーが欲しい人におすすめです。真空断熱による保温・保冷効果、完全密閉、車のドリンクホルダーに対応可能など、コンビニコーヒーを快適に利用するために必要な機能が備わっています。

【公式サイト】DO-cooking.com

4. STANLEY 真空マグ 0.23L

STANLEY 真空マグ0.23Lの商品画像

画像出典:STANLEY

完全密閉でカバンに入れて持ち歩いても安心なSTANLEYの真空マグ。好きなときに少しずつ飲みながら楽しみたいという人におすすめです。コンビニコーヒーのSサイズがぴったり入るほどの大きさなので、手軽に持ち運べます。

【公式サイト】 STANLEYオフィシャルオンラインストア

5. STANLEY ゴーシリーズ 真空タンブラー0.47L

STANLEY ゴーシリーズ 真空タンブラー0..47Lの商品画像

画像出典:STANLEY

真空断熱で、コンビニコーヒーのすべてのサイズを入れられるSTANLEY真空タンブラー0.47L。この容量のタンブラーは、コンビニのコーヒーマシンに合わない高さが多いなか、余裕を持って使えます。車のドリンクホルダーにも入るので、持ち運びに便利です。

【公式サイト】 STANLEYオフィシャルオンラインストア

6. moca モカ タンブラー350ml

moca モカタンブラー350mlの商品画像

画像出典:Amazon

デスクにおいても視界の邪魔にならないようにデザインされたmocaのモカタンブラー。高さは13cmと低く、見た目もとてもシンプルです。自転車に設置できるmocaカップホルダー(別売り)を使えば、自転車に乗りながらコンビニコーヒーを楽しむことができますよ。

【公式サイト】moca(モカ)公式サイト

7. ニトリ 3WAY 真空断熱ステンレスタンブラー ライフ470ml

3WAY 真空断熱ステンレスタンブラー ライフ470ml(ホワイト)の商品画像

画像出典:ニトリ

リーズナブルなニトリの真空断熱ステンレスタンブラー。数千円するタンブラーが多いなか、999円ととてもリーズナブルです。容量は470ml入るので、コンビニコーヒーであればすべてのサイズに対応可能です。

【公式サイト】ニトリ

8. SUS Coffee Tumbler350ml

SUS Coffee Tumbler350mlの商品画像

画像出典:SUS PRO

廃棄されるコーヒーかすを再利用して作られているSUS Coffee Tumbler。よりサステナブルにコンビニコーヒーを楽しみたいという人におすすめです。ごみの削減につながることはもちろん、売上の一部が、「TABLE FOR TWO」という開発途上国の食生活の改善を支援する特定非営利活動法人に寄付されるので、開発途上国の人たちへの貢献にもつながります。

【公式サイト】SUS PRO

9. アスベル 真空断熱タンブラー290ml

アスベル 真空断熱タンブラー290ml

画像出典:Amazon

テーパー構造が特徴のアスベル真空断熱タンブラー。持ちやすく、手に馴染みやすい形状です。片手ワンプッシュでフタを開けられるので、歩きながらコーヒーを楽しみたいときに便利。カバンに入れてもかさばりません。

10. Ecoffee Cup Japan エコーヒーカップ340ml

バンブーファイバー(竹の繊維)・トウモロコシ繊維・コーンスターチ・アミノ酸由来の樹脂などから作られているエコーヒーカップ。使われている竹は、持続可能な方法で管理された竹林の竹を使用しているので、ゼロウェイストだけではなく自然環境にも貢献できますよ。デザインがとても豊富なので、好みのデザインを見つけてみましょう。好きなデザインのカップでコーヒーを飲めば、通勤時の嫌な気分もリフレッシュできます。

【公式サイト】Ecoffee Cup Japan公式サイト

まずは、家にあるタンブラーで利用できるものはないか調べてみましょう!

日常のなかでゼロウェイストに貢献できるマイタンブラー。まずは、家にあるタンブラーで利用できないかどうか、探してみましょう。タンブラーではなくても、コーヒーを注げるものであればタンブラー代わりに使えますので、ぜひ一度、身の回りをチェックしてみてください。

【関連ページ】ごみを出さない暮らしの実践、ゼロウェイストとは?
【関連ページ】【2022年】コンビニコーヒーを4社で比較!マイタンブラーで楽しむ方法
【関連ページ】プラスチックごみ削減で日本が抱える課題は?解決策も

The following two tabs change content below.

Yuta Yoshikawa

愛知県在住、Webサイト運営・Webライター。「コーヒーで読み解くSDGs」という本に出会い、コーヒーひとつでSDGs17の目標すべてに貢献できることを知りました。それからは、大好きなコーヒーを中心に、エシカル消費やゼロウェイストを楽しんでいます。また、エシカル消費の敷居を少しでも下げて、一人でも多くの人が取り組めることを目的にしたWebサイト運営もしています。