荒地だった斜面を庭&畑に。季節の移ろいを楽しめるようになるまで

金谷麻衣さんの庭&畑

花を飾ったり庭仕事をしたりと近年は自然と触れ合う機会が増えた人も多いかもしれません。本記事では、自宅の裏山を開墾し一から庭と畑づくりに挑戦した、グラフィックデザイナーの金谷麻衣さんのお宅を取材。庭をつくるにあたりこだわったポイント、更地だった土地に植物や野菜が育つようになるまでの経過、また今後庭をどのように活用していきたいかなどについても伺いました。

話を伺った人

金谷麻衣さん

Photo by Chiyuki Arita

金谷 麻衣(かねや まい)
多摩美術大学グラフィックデザイン学科を卒業後、広告制作会社勤務を経て、アパレルやインテリアメーカーのインハウスグラフィックデザイナーに。のちにフリーランスへ転身。祖母が花屋を営んでいたこともあり、幼いころから植物好き。趣味は陶芸とキャンプ。Instagram @_life_is_flowers_

自邸を建てたことをきっかけに庭づくりにも挑戦

5年前、家を建てるにあたり見つけた土地には日当たりのよい斜面が含まれていました。この斜面は建物を建てるには向いていない形状の土地だったので、家族と「庭や畑として活用しよう!」という話になり、まずは土地造成時から地表を覆っていたグリーンのネットを根気よく取る作業から庭づくりを始めました。建てた家の裏側に位置するこの山は、当初土がカチコチでシャベルを差し込むのもひと苦労でした。しかし、父が斜面を縦断する階段をつくってくれたのがきっかけで、徐々に楽しい場所へと変化しました。(金谷さん、以下同様)

金谷家の庭&畑

5年前につくり始めた庭&畑。今では四季折々の植物や季節の野菜を楽しむことができるまでに。左は金谷家の自宅。 Photo by Mai Kaneya

傾斜面をフル活用!アイディアが詰まった金谷家の裏山

庭と畑をつくる上でいちばんこだわったポイントは、庭仕事が苦行にならないような庭にするということでした。子どももまだ小さいし、普段仕事もしているので手の届く範囲で始めないと続かないなと思い、「無理をしない」ということを最初に決めていました。

とはいえ、荒れた斜面はまぁまぁ急なので手入れは常にハード。大きなシャベルや土を運ぶのもひと苦労でした。すでに挫折しそう……と思っていたある日、救世主が現れました!

普段なかなか時間を取れなくて作業できなかった私達夫婦を見かねて、私の父が猛暑の最中に階段をつくってくれたんです。ゆるやかにカーブがかったこの階段が斜面下半分の中央にできたことで、日々の手入れが格段にしやすくなりました。

階段を使い庭の上の方にもラクに辿り着けるようになったので、日当たりが良さを生かしてそこに4段ほどの段々畑をつくりました。こうしてわが家の裏山は少しずつ庭&畑へとその姿を変えていきました。

金谷家の庭のドローウィング

限られたスペースの中で、「ハーブや野菜を育てるセクション」と「庭木を楽しむセクション」をバランスよく組み込んだ庭&畑の全体図。「配置はこのような感じで実際に描きながら妄想を膨らませました」と見せてくださった金谷さん作のイラスト。Illustration by Mai Kaneya

金谷家の庭&畑

「うだるような暑さの中、階段をつくってくれた職人気質の父には頭が上がりません」と金谷さん。 Photo by Mai Kaneya

ハーブの種

ハーブの種は那須のハーブ園で購入されたのだそう。 Photo by Mai Kaneya

階段と段々畑が完成した後は、お隣の窓から目隠しになるよう、いくつかポイントとなるような大きな木を植えました。樹形がかわいく風通しのよさを感じることができるオリーブ、暑い夏でも花を咲かせて楽しませてくれるサルスベリ、葉っぱの色が明るいグリーンで目に爽やかなトネリコなどです。あとは食材として重宝する柚子や日向夏など柑橘系の木も植えました。植樹したときは60〜90cmくらいだった苗たちは、4年で3mほどにまで成長しました。また、夫が選んだ赤系のコルディリネやコキアもよいアクセントになっています。

そしてポイントとなる木を植えた後は、その間を埋めるようにさまざまなハーブを植えました。お肉や魚料理のアクセントとしてよく使うローズマリーやフェンネル、お茶に入れて楽しむレモングラス、サラダに欠かせないルッコラ、紫蘇やアップルミントなど。こうしたハーブ類は畑で育てた野菜とともに、日々の食卓に並びます。

スナップエンドウのパスタ

畑で収穫したスナップエンドウ・絹さや・菜の花と、直売所で買った筍で春野菜のパスタ。 Photo by Mai Kaneya

新玉葱の煮物

出汁と梅干しでコトコト煮た新玉葱。彩にスナップエンドウがピッタリ。 Photo by Mai Kaneya

金谷家の寿司

釣果のお寿司には庭から摘んできたフレッシュな紫蘇を添えて。 Photo by Mai Kaneya

酵素シロップ

金谷さんが毎年つくるという酵素シロップ。今年は庭で採れたローズマリーも入れて。 Photo by Mai Kaneya

庭で育てた花やハーブは、食用以外でも生活のさまざまな場面で活用しています。ホワイトセージはお香として焚いてみたり、独特の香りと殺虫殺菌効果があるルーは見た目も香りも良いので花瓶に生けて楽しむことも。他にも、子ども達の遊びの時間や仕事の場面でも、庭の草花たちは活躍しています。

セージのお香

乾燥させたホワイトセージを焚いてお部屋を浄化。 Photo by Mai Kaneya

花を使っておままごと

金谷家では草花はおままごとの材料にも。金谷さんも子どもの頃にこうして遊んでいたのだそう。 Photo by Mai Kaneya

金谷麻衣さんによる植物のイラスト

庭の草花をモチーフにイラストを起こすことも。庭はモチーフの宝庫だそう。 Illustration by Mai Kaneya

庭づくり開始〜今に至るまで、5年間の記録

1年目/2018年 かちこちの更地は想像以上に荒れていた

元々ここは雑木林を切り開いてつくられた土地なので、庭&畑にするにあたって多少の苦労は覚悟していました。いざ始めてみると、造成地が雑草でボウボウにならないように緑色のビニールの網が地表を覆うようにかかっていたり、土の中から造成時の産業廃棄物である釘や鉄の棒が出てきたり……。状態は予想を遥かに上まわるひどさでした。すぐにでも種を巻きたい気持ちをグッと抑え、石を取ったり空気入れたりから始まりました。

裏山を一から耕すところ

写っているのは金谷さんの旦那さま。庭の整地で途方に暮れているところなのだとか。 Photo by Mai Kaneya

2〜3年目/2019年〜2020年 階段を設置し、種や苗を植えたことで徐々に緑を楽しめるように

父が階段を設置してくれたことで上までスムーズに行けるようになりました。傾斜の上にある段々畑にはスナップエンドウ、ラディッシュ、芽キャベツなどの野菜やハーブなどを菜園風に、中間には鉢植えの紫陽花やオリーブの植え替えました。傾斜の下の方は午前中だけ陽が入るので、柑橘系やブラックベリーなどの生命力が強い植物を植えました。肥料はいちばん最初に100%有機のものを使いましたが、そのあとは基本、自然に任せて育てています。

金谷家の畑

手前はスナップエンドウ、上段はラディッシュ。サラダの脇役が勢揃い。 Photo by Mai Kaneya

金谷家の庭で育った芽キャベツ

立派にここまで成長した芽キャベツはこの後鳥に食べられてしまったのだそう。「悔しい思いをしました……」と金谷さん。 Photo by Mai Kaneya

金谷家の庭&畑

中央に芽キャベツをつまみ食いした犯人が! Photo by Mai Kaneya

金谷家の庭&畑に積雪が

多くの植物が静かに過ごす冬の庭。写っているのは長女の帆夏(はんな)ちゃん。 Photo by Mai Kaneya

4年目/2021年 季節の草花や果物を収穫できるように

4年目でやっと四季折々に植物を楽しめる庭に成長してきました。若芽が芽吹き始めるころになると、冬に植えておいた球根やワンシーズン前の春にこぼれた種からも徐々に花が咲き始めます。母はこの時期のためにネモフィラの苗をつくって庭に植えてくれます。春から初夏の庭は青や白の多年草の花が所狭しと賑わうので、伸び放題のオリーブやユーカリと一緒に束ねて友人にお裾分けするのも楽しみのひとつになりました。

金谷家の庭&畑

金谷さんと同じく植物が大好きな帆夏ちゃんは、裏庭で摘んだ花でよくブーケをつくってくれるのだそう。 Photo by Mai Kaneya

春の花々

春の庭から摘んできたネモフィラ、ルッコラ、ルピナスなどでできたブーケ。 Photo by Mai Kaneya

アーティチョークは株が大きく成長したものの食べどきがイマイチよくわからずまだ食したことはありません。ルバーブは茎丈が倍くらいになったら収穫してジャムへ。

金谷家の庭に植えてあるルバーブとアーティチョーク

下はアーティチョーク、上はルバーブ。ルバーブは酸味がたまらなく癖になる美味しさなのだとか。 Photo by Mai Kaneya

金谷家の柚子

「柚子胡椒をつくったり、ポン酢にしたり、柚子はわが家の冬に欠かせない食材のひとつです。」と金谷さん。 Photo by Mai Kaneya

5年目/2022年 季節の移ろいを感じさせてくれる裏山に

今年の春、庭の斜面の下半分はまるで花畑のようでした。また、庭木が3m越えになってきて、少し手入れしないでいるとジャングルみたいで階段も見えなくなるようになってきました。YouTubeの「カーメン君 ガーデンチャンネル」で勉強して見よう見まねで剪定したり、仕事前に30分草刈りをしたりして階段をどうにかキープしています。

金谷家の庭&畑

春の庭。下にいるのは出勤前に庭を見に来た金谷さんの旦那さま。 Photo by Mai Kaneya

初夏の季節がやってくると、傾斜になった庭の下の方でブットレアが咲き始めます。多年草で放っておいても毎年繰り返し花を咲かせてくれます。伸びてしまったら切り詰め枝が暴れないように手入れします。可愛い花で花期も長いのも魅力ですね。

金谷麻衣さん宅のブットレア

(画像左)ブットレアの花。(画像右)金谷家のプットレアは、那須の産直で購入した花束に入っていたものを庭に刺したら自然と根づき大きく成長したのだとか!  Photo by Chiyuki Arita

夏の花々

夏の花瓶。大きく育ったアーティチョーク。今年は観賞用として楽しむことに。 Photo by Mai Kaneya

芽が出たさつまいも

この日部屋の中でふと目に入ったのは、気がついたら芽が出てしまっていたというさつまいも。これから畑に移してみるのだそう。 Photo by Chiyuki Arita

家の中から見える金谷家の庭&畑

キッチンの小窓から見渡すことができる金谷家の庭の中腹部(8月下旬現在)。青々と茂った緑は大人の背丈を優に超す。 Photo by Chiyuki Arita

庭ができて思うこと、今後チャレンジしてみたいこと

家の敷地に庭&畑ができたことで、“自然” というものをより身近に、そして家族全員で楽しめるようになりました。コロナ禍でおうち時間が増えたことも庭により一層目をかける時間が増えた要因です。

庭の花や野菜の成長を観察しながら「紫陽花が咲きそうだね、もうすぐ梅雨かな」「コスモスが咲いてるよ夏は終わりかな?」「柚子がなってるよ、柚子湯に入ってみたいな」、そんな言葉も子どもたちの口から聞こえてくるようになりました。

私自身もですが、子ども達にも四季の移ろいや日本古来の歳時記を楽しんで欲しいと思っています。きっと、普段の生活がちょっとワクワクすることに昇華するはずです。

白萩とコスモス

秋が近づくと咲き始める色とりどりのコスモスと白萩。コスモスは毎年こぼれ種で咲くのだそう。 Photo by Mai Kaneya

また、これから先は地球温暖化の影響で身近な自然の変化がさまざまな場所で表面化してくるのではないでしょうか。実際、子どもの頃に道端に咲いているのを見かけた在来種の草花は減ってきていると思います。一方で、外来種などの今まであまり見かけなかった植物が勢いよく増えてきているようにも感じます。

紫式部

秋になると実をつける紫式部。「和の風情がある植物も好きですね」と金谷さん。40cmに満たなかった苗は2〜3mの株にまで成長。 Photo by Mai Kaneya

子ども達にも日ごろから自然に触れることで、現在の自然環境を肌身で感じながら、身近な環境変化に気づき、その先の行動に移すことができるような大人になって欲しいと願っています。


小さいころから自分の好きにできる庭をもつのが夢だったという金谷さん。今後取り組みたいことを伺うと、「自宅にあるキエーロの土をもっと活用したいと思っています。ダメにしてしまった食材の種の発芽や植えつけなどにもチャレンジしてみたいですね。この庭と畑が植物たちの第2のフィールドになり、生命の営み・循環を子ども達にたくさん感じてもらえたら」と話してくれました。

植物への愛が詰まった、オリジナリティ溢れる金谷家の裏山は、植物の成長や季節の移ろいを五感で楽しみながら、私たちが向き合うべき自然環境の変化を肌で感じられる場所。そんな生命の営みや循環を身近に感じられる「庭」は、私たちと植物の過去と現在、未来をつないでくれる存在なのかもしれません。

【関連ページ】自分の手で生ゴミを土に還す。「キエーロ」の真の魅力とは?
【関連ページ】切り花の寿命がグッと延びる!3つのポイントをおさえて、花のある暮らしを楽しもう
【関連ページ】根っこが出てきた!切り花から鉢植えに、植物を 2度楽しむ秘訣とは?

The following two tabs change content below.

アリタ チユキ

外資系航空会社のCA、建築設計事務所の秘書・広報を経てライターに。ニュージーランド・台湾在住経験がある日・英・中の トリリンガル。週一で台湾朝ごはんとヴィーガンスイーツのポップアップを開催中。環境を意識したシンプルな暮らしを心がけている。国際薬膳師。中医薬膳師。家庭薬膳アドバイザー。ワインエキスパート。