楽天ファーム

楽天ファーム公式サイトのトップページ画像

日本では0.2%しか出回っていない有機JAS認証の国産オーガニック野菜をもっと身近に!

日本の農業を元気に!オーガニック野菜を当たり前に!という思いから、オーガニック野菜の生産や生産者の育成などを行っている楽天ファーム。遺伝子組み換え技術不使用の野菜を、サラダやカット済みの状態にして配送してくれます。また、もっと手軽に短時間で野菜を摂れるように、オーガニック野菜のスムージーも販売。忙しい毎日の中でも、気軽に安心安全な野菜を摂れるようになりますよ。

サービス名楽天ファーム 【旧:Raguri(ラグリ)】
運営会社名楽天農業株式会社【旧:株式会社テレファーム】
本社所在地愛媛県大洲市新谷乙335-1
設立2007年3月12日
2020年1月1日 楽天農業株式会社に社名変更
資本金32,000,000円 (2022年3月)
利用者数(会員数)不明
サービス対象エリア 全国 ※定期便は、北海道一部地域・沖縄・離島地域を除く
取扱い商品 農産物・加工品

楽天ファームサービスの特徴

有機JAS認証を取得した野菜を、新鮮で食べやすい状態で提供!

楽天ファームで取り扱っている多くの野菜・果物は、有機JAS認証を取得した安心安全なものです。有機JAS認証を取得していなくても、楽天ファームの契約農家から仕入れたものには生産者の顔やコメント・生産方法などがしっかりと書かれているので、安心して購入できます。

柔軟に配送頻度・曜日を選択できる定期便

定期便は多くの場合、配送頻度や日時が決まっているのですが、楽天ファームの定期便は、週1・週2・週3・週4・月1からお好きな配送頻度を選択可能です。また、配送する曜日も月〜日まで選択できます。

定期便は、すべて送料が無料!

楽天ファームには、定期便と都度購入の2店舗あります。定期便ではすべての商品が全国一律で送料無料。主に自社農園の野菜を中心に、カットサラダや野菜セット、冷凍野菜やスムージーなどを取り扱っています。多くの宅配サービス・ネットスーパーでは、購入金額に応じて送料が無料になる場合がありますが、一品から送料が無料になるのは楽天ファームならではの特徴です。通常なら数百円から千円以上かかってしまう送料が無料になるのはうれしいですね。

楽天ファームはこんな人におすすめ

  1. 100%オーガニック野菜・果物を買いたい人
  2. 忙しい毎日の中で、健康的な野菜生活を送りたい人
  3. まとめ買いではなく単品から気軽に野菜・果物を買いたい人

楽天ファームの商品、ここがオススメ!

安心して新鮮な野菜・果物を購入できる

楽天ファーム さくらんぼ商品ページの画像

画像出典:楽天ファーム

楽天ファームの野菜・果物の多くは、有機JAS認証を取得したものです。一方で、有機JAS認証を取得していないものもありますが、どの商品にも生産者の顔写真やコメント・生産状況などが記載されているため、安心して商品を購入できます。

時間がなくても、オーガニックな野菜が摂れる!

楽天ファーム 100%オーガニック野菜スムージーキットの紹介ロゴ

画像出典:楽天ファーム

定期便の100%オーガニック野菜のスムージーキットを購入すれば、仕事の準備に忙しい朝でもさっと野菜を摂れます。朝から健康的な野菜を摂れるだけではなく、スムージで胃に負担がかかりにくいのもうれしいポイントです。手軽に朝活・腸活を始められますよ。

時短に貢献!楽天ファームの冷凍野菜セット

100%オーガニック 冷凍野菜アソート6種の商品イメージ画像

画像出典:楽天ファーム

楽天ファームの商品の特徴は、袋に入ったままレンジで解凍できる冷凍野菜セットです。カット済みであったり、下茹で済みであったりするなど、レンジで解凍すればそのまま使用できます。さまざまなカット野菜が袋に詰められていて、袋のままレンジで3分40秒温めれば、あっという間に1品完成です。

楽天ファームのサービスを使ってみる

入会方法楽天ファームへ会員登録
入会金不要
年会費・その他不要
解約解約金不要。いつでも解約可能
利用方法楽天ファームへ会員登録後、都度購入タイプの商品または定期便タイプの商品を選んで購入(※定期便は、配送頻度を選択可能)
注文方法専用サイトでお好きな商品・定期便を購入(※定期便の商品内容は変更不可)
注文サイクル定期便は、解約の手続きをするまで定期的に配送される、毎週/2or3or4週間ごと/月1のパターンから配送頻度・曜日を選択可
スポット購入可能
配達エリア全国(北海道の一部地域・沖縄の一部地域・離島地域を除く)

※定期便の場合は、北海道の一部地域・沖縄・離島地域が配達不可
支払い方法
  • 定期便:楽天ペイ(クレジットカード決済)
  • 都度購入:クレジットカード・銀行振込・後払い決済・前払い(コンビニ、郵便局等)
トライアルセット

商品の注文について

楽天ファームでは、多くの食材宅配サービスにあるように定期会員・一般会員という区別はありません。楽天ファームへの会員登録後、都度購入の商品や100%オーガニック定期便の商品など、好きなタイプの商品を選択して注文手続きを行えばOKです。

配達について

配達エリアは、一部地域を除くほぼ全国へ配達可能です。しかし、100%オーガニック定期便の場合は、性質上、北海道の一部地域と沖縄・離島地域への配送ができないので注意が必要です。

まずは会員登録をして、お好みの商品を見つけてみましょう!

冷凍野菜、サラダ・野菜セットの割引に関する広告ロゴ画像

画像出典:楽天ファーム

楽天ファームでは、会員登録をすれば、都度購入の商品と定期便のどちらも利用可能です。会員登録は無料ですし、すでに楽天アカウントをお持ちの場合であれば簡易的な手続きで登録できます。100%オーガニック野菜のスムージーキット・定番の野菜セット(定期便)・有機JAS認証を取得した野菜・果物など、オーガニックな食材が豊富です。

また、野菜セットはカット済み・下茹で済み、また袋ごとレンジで温めればそのまま1品が完成してしまうなど、時短調理に貢献できる商品もたくさんあります。まずはお好きな商品を見つけて、楽天ファームの新鮮な野菜を堪能してみてください。継続すればお得な割引も受けられるので、ぜひ、楽天ファームで健康的なオーガニック野菜ライフを送っていきましょう!

楽天ファーム利用に関する注意点

楽天ファームは、オーガニックな野菜・果物を豊富に取り扱う食材宅配サービスです。その代わり、野菜・果物以外の品揃えがほとんどありません。もし、野菜・果物以外でサステナブルな商品を探しているのであれば、「オーガニック&ナチュラルライフ特集」ページや「EARTH MALL with Rakuten」ページの利用がおすすめです。どちらも楽天アカウントがあれば利用可能ですので、オーガニックな野菜・果物を購入したい場合と、そうでない場合でページを使い分けることで、より便利に買い物ができますよ。

楽天ファームの梱包はどうなっているの?

配送の際に使う資材段ボール、商品のビニール袋、紙の緩衝材など
上記の配送資材の回収の有無、回収後について回収は行っていないが、包装自体を減らす、環境負荷の少ないものに順次切り替えるなど、日々改善を行っている
野菜・果物などの生鮮品の梱包について生鮮品に限らず、食材の配送時には、傷み対策など配送時の衛生上の観点から、必ず個包装対応している。その際、包装自体を簡素化する、また環境負荷の少ないものに順次切り替えるなど日々改善を行っている
緩衝材の有無や素材について一部商品に、最小限の紙の緩衝材を使用。必要な場合のみ使用し、その際はなしにすることはできない
保冷剤の使用についてごく一部の傷みやすい果物を除き、基本使用していない。必要な場合のみ使用し、その際はなしにすることはできない
紙のカタログの使用についてカタログは使用していない。フライヤーなど簡易なものでECサイトに誘導し、商品の詳細を見てもらうようにしている
食品の加工くずはどうしているか傷みがあり衛生上、食用や肥料に転換できない個所を含むため、廃棄している
梱包についての環境への配慮
  • 使用する包装材を極力減らす
  • 2020年2月から80gカップサラダを「80%リサイクル」容器に変更
  • 大型の160gカップサラダの販売を終了し袋タイプへ移行
  • など

ごみを減らすために行った取り組み、また検討している取り組み2020年9月から脱プラスチックプロジェクトを開始。

  • 段ボールに入れる緩衝材の気泡緩衝材(ぷちぷち)を紙素材に変更
  • 160gカップサラダの販売を終了し袋タイプへ移行
  • 台紙ごみが出ないシールを使用する
  • など、少しずつ環境対策を進めている

サステナブルな取り組み

原則として農薬・化学肥料に頼らないオーガニック農業

原則として。耕作放棄された農地を開墾再生した農場で、日々農家が手をかけて、自然の力を生かす工夫を続け、自然の動物や虫、微生物などと共生する農薬・化学肥料に頼らないオーガニック農業を行っています。そうすることで、農地の河川に流れ込む有害物質の量を減らし、海洋汚染などの環境への負担をを軽減しています。

再生可能エネルギーの活用

太陽光発電由来の電力を使って工場を運営するなど、再生可能エネルギーの割合を増やしています。

容器のプラスチック使用量の削減

画像出典:楽天ファーム

楽天ファームでは2020年2月から80gカップサラダを「80%リサイクル」容器に変更。そのほかにも段ボールに入れる緩衝材の「ぷちぷち」を紙のものに替えたり、160gカップサラダの販売を終了し袋タイプへ移行したり、台紙ごみが出ないシールを使用するなど、梱包のプラスチックを削減する動きを行っています。

食材宅配・ネットスーパーのサービス一覧を見る

サステナブルな食を楽しむサイトを見る