冷え対策や節電にも!あったかスリッパ・靴下おすすめ7選

靴下

電気代の高騰が続き、生活の見直しをする人も増えているかもしれません。
冬の寒さ対策では頼りになる暖房も、今までのようにつけっぱなしでは翌月の使用量が心配になってしまいますよね。

そこでおすすめしたいのが電気の使用をゼロ、または最小限に抑えたセルフ防寒対策として、物理的に足元を温めること。サステナブルな原料や方法で作られたスリッパや靴下を活用し、ぽかぽかと冬を乗り切りましょう。今回はおすすめのアイテム7選を紹介します。

ソックス

1.Solmate Socks(ソルメイト ソックス) 「Crew socks(クルーソックス)」

Solmate Socks

画像出典:株式会社クロンティップ

米国ノースカロライナ発、創業20年以上の「Solmate Socks(ソルメイト ソックス)」。中古衣料や廃棄繊維をリユース、新たに紡ぎ直したリサイクル糸を活用したサステナブルなソックスを展開するブランドです。全ての製品を自社工場で生産しているのも特徴です。

定番の「クルーソックス」は高品質なリサイクル糸が柔らかく足を包む、ソルメイトソックスのアイコンともいえる存在。左右非対称の独特のユニークな柄と優しい履き心地で、ファンが多いのも納得です。

また2022年秋冬の新作モデル「フュージョンソックス」は、無地のバブルステッチのレッグ部分と色柄のフット部分を組み合わせた(フュージョン)、遊び心のある一足に仕上がっています。

【公式サイト】Solmate Socks(ソルメイト ソックス)

    商品の詳細を見る:Amazon Yahoo
    金額:2,640円(税込)~

2.Syncs.Earth「WGツイストリブソックス」

Syncs.Earth

画像出典:Syncs.Earth

「循環社会を世界に巡らせる」をヴィジョンに掲げるSyncs.Earth。商品の全てが土に還るように作らています。さらに製造過程で発生する廃棄物、マイクロプラスチック流出、化学染料・加工全てゼロを実現するなど徹底した循環システムを取り入れています。

Syncs.Earthの買い物では、購入方法を「循環」と「通常」から選べます。循環購入を選ぶと、利用後に返却することで土に還してくれるサービスが受けられるのもSyncs.Earthならではの取り組みです。

洗練されたツイスト状のリブが個性的な「WGツイストリブソックス」。GOTS認証取得したオーガニックコットン糸で作られた、天然の生成り色が優しいソックスです。厚さが選べるため好みのフィット感で履くことができ、もちろん循環購入が選べる商品です。

【公式サイト】Syncs.Earth

    金額:3,920円(税込)/循環購入、5,880円/通常購入

3.wazawaza(わざわざ)「リブウール靴下 わざわざオリジナル」

サステナブルな足元

画像出典:わざわざ

2009年、長野県東御市御牧原の山の上に誕生した、パンと日用品を販売する小さなお店。今では独自の基準に沿ったオリジナル商品作りも進めています。作る人、売る人、買う人の三方にとってよい商品であることを前提とし、「世の中にないから作る」「余っている資材を生かす」「NO PLASTIC」などの基準が。

「リブウール靴下 わざわざオリジナル」は、特殊な技術を必要とするホールガーメント製法で編まれた、わざわざオリジナルのリブウール靴下です。同県の靴下製造会社タイコーとの共同制作で試作を何度も行い、さらに改良も重ねて今のスタイルに。オートミール、ブラック、グレージュ、霜降りグレーの4種類から選べる、履き心地勝負の一足です。

【公式サイト】わざわざ

    金額:3,630円(税込)

シューズ/ルームシューズ

4.Allbirds(オールバーズ)「Wool Dwelle(ウール ドゥエラー)」

サステナブルな足元

画像出典:Allbirds

ニュージーランド出身のティム・ブラウンが、メリノウールのユニークな特性に着目したことがAllbirdsの始まり。長年の研究と実験を経て、再生可能エネルギー分野を専門とするジョーイ・ツウィリンジャーとチームを組み、共に靴専用の革新的なウール素材を開発しました。Allbirdsは2030年にはカーボンフットプリントをゼロにすると宣言するなど、サステナブルな取り組みに積極的です。

「Wool Dwelle」はモコモコしたルックスが可愛いルームスリッパ。アップサイクルしたウールシューズの端材を60%、リサイクルされたポリエステル40%で作られています。足を優しく包むような履き心地で、自分を大切にしていると感じられる一足。さらにFSC®︎認証を受けた天然ゴムのアウトソールのおかげで、安定性も抜群です。

【公式サイト】Allbirds(オールバーズ)

    金額:9,000円(税込)~

5.UGG(アグ)®「FUZZ SUGAR SLIDE」

サステナブルな足元

画像出典:UGG®

言わずと知れた、アメリカ西海岸生まれの人気シープブーツブランドUGG®。
商品の売り上げの一部を森林保全団体more treesへ寄付する、環境に配慮した素材を使うなどの取り組みも。

もこっとしたUGG®ならではのフォルムに心掴まれる、FUZZ SUGAR SLIDE(ファズ シュガー スライド)は、環境負荷の少ない植物由来のリサイクル素材で作られています。素材が生み出す炭素排出をオフセットするため、カーボンニュートラルが実現。アッパー部分には責任ある方法で収穫された木より採取したテンセル™を使用し、ミッドソールは再生可能なサトウキビから作られています。

温かいことはもちろん、簡単にオシャレに仕上げてくれるため、手抜きしたい日のファッションにもピッタリです。

【公式サイト】UGG(アグ)®

6. SUBU(スブ)「CONCEPT COLLECTION RE:(コンセプト コレクション)」


2016年にスタートした日本発のサンダルブランド、SUBU。素足で気軽に履ける秋冬のサンダルとして発売された、足を包み込むようなフィット感抜群のサンダルが人気です。

2022年までに累計100万足の生産を行ってきたからこそ、自然環境に負担の大きいアパレル業界で今後ももの作りをするためにと、サステナビリティを考え直し「コンセプトコレクション」シリーズが生まれました。

アウトソールを中心に、環境に配慮した素材を70%使用。もちろんSUBUならではの快適な履き心地やスタイリッシュな見た目を保ったまま、SDGsに貢献するもの作りを実現しています。

スリッポンスタイルで、男女とも使えるユニセックスで室内のスリッパとしても重宝しそう!内側には起毛加工を施し、まるでダウンのように足元を温かく保てます。

【公式サイト】SUBU

7.FREEWATERS(フリーウォータース)「ホリデーギフトセット」

Likes Inc.

画像出典:ライクス株式会社

2010年にサンフランシスコで生まれた、サステナブルフットウェアブランドFREEWATERS。
「生活用水の確保が困難な地域にきれいな水を届ける」「地球にやさしい商品作りをこころがける」「世界で一番履き心地の良いフットウェアを作る」という3大コンセプトを掲げたもの作りが特徴です。また、売り上げの1%を水の支援が必要な地域に贈るという取り組みも、FREEWATERSならでは。

そんなFREEWATERSから、11月25日より冬のホリデーギフトセットとしてハウスシューズが限定販売されました。日本で購入できるのは、正規輸入代理店ライクス株式会社が運営するLIKES ONLINE STOREのみ!

見るからに温かそうなソフトニットに覆われた一足で、インナーを覆う短めのファーが保温性を高めてくれます。温かさだけでなくインソール、アウターソールとも歩きやすさを追求した造りで快適です。この限定商品には、植物の種を漉き込んだシードペーパー®︎がセットに。感謝の気持ちをメッセージに込めて、大切な人へ贈るのにピッタリです。

【公式サイト】FREEWATERS

    金額:6,600円(税込)

冬を温かく乗り切るために、足元を温めるアイテムを紹介しました。
いずれも環境に配慮した素材、工程、思いで作られたサステナブルなものばかり!ぜひお気に入りを見つけて、冬の準備をしておきませんか。

【関連ページ】ラクに履けて地球にもやさしい。サステナブル素材のパンプス8選
【関連ページ】【2022年】秋冬に履きたい!おすすめのサステナブルシューズ6選

The following two tabs change content below.

mia

旅するように暮らす自然派ライター/オーガニック料理ソムリエ ・アロマ検定一級 | バックパックに暮らしの全てを詰め込み世界一周。4年に渡る旅の後、AUSに移住し約7年暮らす。移動の多い人生で、気付けばゆるめのミニマリストに。 ライターとして旅行誌や情報誌、WEBマガジンで執筆。現在は自然に沿った生き方を実践しながら発信中。地球と人に優しい暮らしのヒントをお届けします。