アフリカ発ファッションのAFRICL(アフリクル)が、日本の伝統工芸と限定コラボレーション

AFRICL

大胆かつ美しい柄を生み出す、蝋を布につけて防染を行うバティック(ろうけつ染)。「伝統生地を纏(まと)う」をテーマに、アフリカ・ベナンの職人が作るバティックを使った大人のためのブランドAFRICL(アフリクル)が、バティックと日本の伝統工芸との融合をはかる「Limited line 逢-Ai-」を2022年9月2日にリリースした。

AFRICLの沖田紘子代表は国内外の手仕事と「暮らすような旅」を愛し、今まで何度も引き付けられてやまない美しい伝統工芸に出逢ってきた。そのなかで海の向こうの伝統工芸と日本のものとの融合を通じ、身近に感じてもらう目的で誕生したのが「Limited line 逢-Ai-」だ。「世界のどの地にも、そこで暮らし、紡がれてきた人々の物語の数だけ伝統工芸がある」。この限定販売を通して、人々がそのように想いを馳せるきっかけ作りを目指している。

「Limited line 逢-Ai-」のアイテムを紹介する。

【漆芸 × バティック】
「箔押し 花弁ピアス」

AFRICL

画像出典:AFRICL

ベナンの伝統生地バティック(ろうけつ染)の大胆な柄に金箔を重ねた生地が、花弁のように揺れるチェーンピアス。生地の裏が漆塗りで、2枚の花弁が動くたび朱漆の美しい彩りがちらりとのぞく。

AFRICL

実際に付けたところ。華やかな存在感がある
画像出典:AFRICL

「螺鈿 カルトナージュ ピアス」

AFRICL

画像出典:AFRICL

ベナンの伝統生地バティックに螺鈿(貝飾りのこと)と側面にさりげなく金を施した贅沢な一点。

フランスの厚紙工芸「カルトナージュ」を用いて菱形にしたピアスには、正絹の京組紐がタッセルのように揺れている。日本、ベナン、フランスの伝統工芸が耳元で楽しめるのが特徴だ。可愛くて毎日でもつけたくなる。AFRICLの哲学のひとつ「とっておかない、とっておき」がまさに表現された一品だろう。

AFRICL

京組紐を外すと印象が変わる2Wayタイプ
画像出典:AFRICL

漆芸を施したのは漆を究め、漆を科学する漆のスペシャリスト佐藤喜代松商店。伝統の枠のみに留まらず、京都の地で伝統産業として欠かせない漆の可能性を探求し続けている。

【重彩染 × バティック】
三種のお服

AFRICL

はんぶんこのシャツとまいにちのスカートのセットアップ
画像出典:AFRICL

AFRICLのアイコンでもある、バティック(ろうけつ染)を贅沢に用いたお服(※)たち。手染めのバティックが持つ色柄を活かしつつ、重彩染で色を重ねる。結果、普段のAFRICLのトーンとは異なる、落ち着いたトーンながらもインパクトを放つお服が生まれた。

※AFRICLでは、和服を纏っていた時代に当たり前だった「纏うものは一生もの」という感覚をもう一度当たり前にしたいという願いで、纏うアイテムを「洋服」ではなく「お服」と呼んでいる。

AFRICL

「アート・ユニ」代表・西田清氏
画像出典:AFRICL

重彩染を手掛けたのは、常識にとらわれないクリエイティブな発想と表現で、数々の染色技法を開発、職人歴半世紀にして現在も新たな染色技法の探求を続ける染色家・西田清氏。

【京表具 × バティック】
表具アートパネル

AFRICL

「貼る」技術が詰め込まれたアート作品
画像出典:AFRICL

京表具は書画の軸装や額装、ほかに屏風や襖などに仕立てる表装加工技術で、日本の伝統工芸のひとつ。バティックと日本産の織生地や、京表具の代表的な素材である和紙や唐紙を織り交ぜて誕生した、美しい生地を用いたアートパネルで全て一点もの。

表具アートパネルの制作は、京表具の展示会「表美展」にて数多くの賞を受賞し、京表具の新たな形を表現すべく表具アートブランド coller を立ち上げた表具師・小野澤光紀氏だ。

「Limited line 逢-Ai-」は、毎年AFRICLの開業日である9月2日より期間限定コレクションとして計画されている。皮切りとなる今年は漆芸、京表具、染色、三種の伝統工芸と融合したアイテムが登場した。

【限定販売詳細】
販売:9月2日の21時~
場所:AFRICLのオンラインストア
販売・受注期限:~同年10月16日(日)
※リリース後は、東京・京都・鎌倉の各地で開催される展示会やPOPUPでも、アイテムに出逢うことができる

ものの寿命をより長く、大切に扱うことが見直されている今、AFRICLの根底にある考え方に共感できる人は多いだろう。国内外の伝統が融合した手仕事やお服、心がときめくとっておきを手に入れて、作り手やもの作りの背景に想いを馳せてみたい。

【参照ページ】AFRICL
【関連ページ】【2022年】着なくなった服、捨てるの待って!常設で衣服回収を行うアパレルブランド13選
【関連ページ】服を捨てない選択。衣類のゼロウェイスト10の方法

The following two tabs change content below.

mia

旅するように暮らす自然派ライター/オーガニック料理ソムリエ | バックパックに暮らしの全てを詰め込み世界一周。4年に渡る旅の後、AUSに移住し約7年暮らす。移動の多い人生で、気付けばゆるめのミニマリストに。 ライターとして旅行誌や情報誌、WEBマガジンで執筆。現在は自然に沿った生き方を自ら実践しながら発信中。地球にも体にも優しい暮らしのヒントをお届けします。