マンゴー農場が作ったシート状洗濯洗剤「ECOLAN」は、ボトルレスでCO2排出量を94%も削減

マンゴー農場が作ったシート状洗濯洗剤「ECOLAN」は、ボトルレスでCO2排出量を94%も削減する

宮崎県でマンゴー農場を経営する株式会社MAGRI(マグリ)が、シート状の洗濯洗剤「ECOLAN(エコラン)」を自社開発し、販売を開始した。同社は自社ブランド「シャトーマンゴー(果物)」の生産・販売のほか、廃棄されてしまう農作物を活用した加工食品も開発しており、食品ロス削減に努めている会社だ。

今回発表したECOLANは、防腐剤や着色料、添加物を使用せず自然由来の原料を積極的に採用した。肌トラブルも起きにくく、万が一子どもが誤飲してしまっても安心だ。柔軟成分も自然由来にこだわり、洗い上がりもふっくらと仕上がる。

マンゴー農場が作ったシート状洗濯洗剤「ECOLAN」は、ボトルレスでCO2排出量を94%も削減する

シート状に加工してあるため、一般的な液体/粉末洗剤に比べCO2排出量を94%削減することに成功している。出張や旅行、キャンプのほか、避難時の防災グッズとしてもおすすめだ。プラスチックボトルを無くし大幅に軽量化してあるので、商品輸送時のCO2削減にも繋がっている。使用時は、計量時の液垂れや粉が散る心配もない。

マンゴー農場が作ったシート状洗濯洗剤「ECOLAN」は、ボトルレスでCO2排出量を94%も削減する

実際に使うときは、必要なぶんをちぎって洗濯槽に入れるだけだ。ECOLAN1枚で通常の洗濯1回ぶんの量になる。

詳しい概要は以下の通り。

【ECOLAN S】

  • 内容量:4g(1枚2g/2枚入)
  • 洗濯容量:6kg~7kg(1枚あたり、洗濯物3〜3.5kg対応)
  • 希望小売価格:150円(税別)

【ECOLAN M】

  • 内容量:60g(1枚4g/15枚入)
  • 洗濯容量:90kg~105kg(1枚あたり、洗濯物6kg~7kg対応)
  • 希望小売価格:1,980円(税別)

ECOLANは、MAGRIが農産物を生産する上でできるだけCO2を排出しないような「環境に配慮した農業」を研究するなかで生まれたものだそうだ。農場でときどき見かけるプラスチックごみは、土には還らず半永久的に残ってしまう。そんな問題を少しでも減らそうと、入れ物にプラスチックボトルを使用しないことで、ユーザーの家庭でも気軽に「脱プラ」に取り組める生活用品となった。

今後は世界展開も目指し、環境問題に対して積極的に取り組んでいるアメリカにOEMも依頼しているという。新たな展開にこれからも注目していきたい取り組みだ。


【関連ページ】洗濯槽のカビをとる方法は?おすすめのクリーナーもご紹介
【関連ページ】不要になったプラスチック製品の手放し方は?服部雄一郎・麻子さんに聞く暮らしのアイデア
【関連ページ】ナチュラル洗剤でOK!換気扇の油汚れをきれいにする掃除方法

The following two tabs change content below.

斉藤雄二

「フレキシタリアン」を実践している静岡在住のWebライター。これまでモノ系、テクノロジー、サイエンス、ビジネス、ファッションといったジャンルで執筆してきました。趣味は読書とフィットネスと料理。最近は愛車のfiat500でドライブに出かけるのが楽しみです。