NIKKO発ジェネラルストア「LOST AND FOUND TOKYO STORE 」渋谷区富ヶ谷にオープン!

洋食器メーカーのニッコー株式会社(石川県白山市)は、2021年11月6日(土)、ジェネラルストア「LOST AND FOUND(ロストアンドファウンド)」の旗艦店及びショールームである、「LOST AND FOUND TOKYO STORE (ロストアンドファウンド トウキョウストア)」が渋谷区富ヶ谷に誕生した。

LOST AND FOUND店内イメージ

LOST AND FOUNDとは、長く愛用できる日用品を扱うジェネラルストア。現代では、確かな技術に基づいて、長い間作り続けられている商品が、多くのものに紛れてしまったり、時代の流れに埋もれてしまったりしている。そんな、良いものを見つける場所として、今年5月にECサイトをオープンした。

ニッコーは、1908年創業。一流ホテルや一流レストラン、有名百貨店などで利用されている大手洋食器メーカー。2021年4月に陶磁器事業のサーキュラーエコノミー化を推進するプロジェクト「NIKKO Circular Lab」、飲食店のサステナビリティを支援するメディア「table source」を同時に立ち上げ、レストラン業界のサステナビリティ推進機関、日本サステイナブル・レストラン協会にも加盟するなど、食器のサステナビリティやサーキュラーエコノミーに真剣に取り組んでいる。

今回、歴史あるニッコーの次の100年を見据えた一大プロジェクトとして、LOST AND FOUND TOKYO STOREを拠点にして多くの方が共感する新しいカルチャーを発信していく。

旗艦店であるLOST AND FOUND TOKYO STOREのトータルプロデュースは、ブランドプロデューサー・甲斐 政博氏をプロデューサーとして迎えた、トランジットジェネラルオフィス。プロダクトセレクトは暮らしをかたちづくるタイムレスな道具を扱う Roundabout(ランドアバウト), OUTBOUND (アウトバウンド)のオーナー小林 和人氏。インテリアデザインは多くの人気店舗を手がけるMILESTONE(マイルストーン)の長田 篤氏がインテリアを担当。

店内の1階は、800点の日用品をラインアップ。さらに、煉瓦造りの窯をイメージしたアーチ型の通路を抜けると、113年続くNIKKOの約400点ものアイテムが並ぶショールーム兼ストアへと繋がる。期待に胸がふくらむ、一見の価値があるスペースだ。

LOST AND FOUND店内イメージ

地下1階には、高機能キッチンスタジオを完備したショールームが広がる。商談スペースとしての利用や、業界や地域を盛り上げるイベントスペース、また撮影スペースとしての機能も備えており、“発信基地”としての役割を担う。

LOST AND FOUND店内イメージ

大量消費社会では、大量のモノが使い捨てられてしまう。流行に左右されずに長く使われ・愛され続けている、ロングライフデザインに触れ、モノとの付き合い方について、考えてみる必要があるかもしれない。

LOST AND FOUNDは、多くのモノに埋もれてしまった良いモノを再発見できる素敵な空間だ。今あるモノを今一度見つめなおしてみたいと思う。

【参照サイト】LOST AND FOUND ECサイト
【参照サイト】ニッコー株式会社 公式サイト
【参照サイト】table source
【関連サイト】レストランのサステナビリティを支える。洋食器メーカー「ニッコー」が描く、循環する食器の未来

The following two tabs change content below.

maru

秋田県出身、北海道在住。旅行・生活系記事を中心にライター活動中。日常が少しでも楽しくなるささやかなご褒美を自分に用意して過ごす。最近の趣味は旬の食材にこだわった料理を作り気分を上げること。