TAG キャンプ

ホテルコラム

【2022年】日本全国のコンポストがあるエシカル・サステナブルなホテル12選

ホテルの朝食で多いビュッフェは、バラエティーに富んだ料理が前もって大量に用意されます。そのため多くの料理が残ってしまい、それらはすべて処分されています。

最近では食品の廃棄を少しでも減らすため、また環境に配慮した取り組みから、ビュッフェの廃止や、生ごみなどを焼却処分するのではなく、堆肥化させる「コンポスト」を実施している宿泊施設も増えてきました。

キャンプコラム

キャンプ道具は買う前に借りる!アウトドア用品のレンタル・サブスクサービス11選

キャンプやバーベキューなど楽しむときに必須なアウトドア用品。1から揃えるのはなかなか大変で、キャンプ初心者にとってはどの用品が自分に合っているのか実際に使ってみないと分からないものが多いですよね。また、1度だけ使ってしばらく使わずしまっていたり、捨ててしまったりすることも。無駄にせず、もっと気軽にアウトドアを楽しむために、アウトドア用品のレンタルサービスを利用してみてはいかがでしょうか。アウトドア・キャンプ用品のレンタルや定額制サブスクサービスをご紹介します。

キャンプコラム

サステナブルなキャンプとは?地球にやさしいキャンプを実践する10のコツ

自然の恵みを感じながら、おいしいものを食べ、ゆったりとした時間を過ごせるキャンプ。でも、普段の生活スタイルをキャンプ場に持ち込むと、多くのゴミを出したり、環境汚染につながったりすることがあります。そこで今回は、サステナブルなキャンプをするための10のコツをご紹介します。

焚き火台ニュース

自然と社会を豊かにするアウトドアブランド「we know enough<」から、環境に配慮した「焚き火台」が登場

建築家兼デザイナー・岡田宰と、UI/UXデザイナーとして活動する石原亮が協働し、新たなアウトドアブランド「we know enough< (ウィーノーイナフ)」を設立した。「足るを知る」の意味を持つ当ブランドは、サステナブルな視点を大切にする環境配慮型アウトドアガレージブランドとして、豊かな自然と社会の実現を目指す。

キャンプコラム

初心者でも安心!キャンプのススメ【前編】〜キャンプ場選びで押さえておくべきポイントとは?

今、大流行中のキャンプ。自然に包まれ、リフレッシュし、行った後に元気になれるのが、最大の魅力です。今回の記事では「初めてでもできるかな…」と心配な方向けに、経験ゼロからキャンプをスタートした筆者が、キャンプ場の選び方についてお伝えします。