日本製も!環境問題に配慮した竹歯ブラシおすすめ9選

竹歯ブラシ

毎日使う歯ブラシですが、スーパーなどで手に入りやすいもののほとんどがプラスチック製です。また、歯ブラシはリサイクルできないので、プラスチックごみの原因になってしまっています。私たちは定期的に歯ブラシを買い替えるので、天然素材でできた一本を選ぶことが環境に優しいアクションになるはず。今回は環境問題に配慮した竹歯ブラシを9つご紹介します。

1. N h e s. (ナエス)「turalist(美らりすと)」

プラフリ―歯ブラシ

画像出典:N h e s.

国産と天然素材にとことんこだわった、手作りの歯ブラシを作るN h e s. (ナエス)。もともとはプラスチック加工会社の代表が、自然環境に配慮した歯ブラシを作りたくて始めたブランドです。

「turalist(美らりすと)」は、柄の部分には端材の天然木、毛の部分には副産物の馬の毛を使用。家具職人さんが丁寧に仕上げる柄や、たったひとりの職人さんがひとつずつ植毛して仕上げる一本には、作り手の想いと温もりが詰まっています。日本人の口に合う、コンパクトなヘッドや毛材の斜めのカットなど、使いやすさの工夫もバッチリです。

また、譲り受けた麻袋や端材の竹で作った歯ブラシケースや手作りのモルタル製歯ブラシ台など、会社の想いに賛同する会社とのコラボアイテムも!使う人まで優しくなれそうな歯ブラシやケースは、贈り物にもピッタリなアイテムです。

LifeHuggerでは以前、取材も行っています。

【関連ページ】日本の職人が丹精込めて作るプラスチックフリー歯ブラシ「turalist(美らりすと)」製作企業を密着取材

【公式サイト】ナエスなショッピング

2.MEGURU(メグル)「竹の歯ブラシ」

プラフリ―歯ブラシ

画像出典:MEGURU

歯ブラシや介護用品を製造販売するファインのエコシリーズ「MEGURU」は、「次世代のために資源を大切にしたい」という想いから生まれました。日本製にこだわり、原料にはできる限り国産を使用しています。竹は三重県伊賀市のものを採用し、国内工場で丁寧に製造。柄の部分には、ポリ乳酸樹脂と竹の微粉末をブレンドした素材を使用し、焼却時のCO2の排出量にまで配慮しているのが特徴です。

多様性を意識してブラシ部分の毛材を豚毛、超極細毛、そしてリクエストが多いという花馬毛、ひまし樹脂毛の4種類を用意。化学物質に敏感な人からヴィーガンまで、ライフスタイルに合わせた納得のいくものを選べそうですね。

売り上げの一部を環境保全団体(緑の募金)に寄付し、森林保護に役立てているのもサステナブルなポイント!

【公式】MEGURU(メグル)

3.HYDROPHIL(ハイドロフィル)「サスティナブル トゥースブラシ」

プラフリ―歯ブラシ

画像出典:Hydrophil

ドイツ生まれのサステナブルな衛生用品ブランドHYDROPHIL(ハイドロフィル)が販売している、孟宗竹(モウソウチク)という竹から作られた歯ブラシ。

自生しているモウソウチクは成長が早く、人工肥料や農薬の必要がない、環境に優しい素材です。まるで色鉛筆のように優しい色合いを出すために、ドイツ北部の自然塗料のパイオニアメーカーAURO(アウロ)社の着色料を採用。生分解性が高く、サステナブルな無溶剤です。ブラシ部分はトウゴマ種子から抽出したひまし油から作った、鉱物油を使わないBPAフリーの植物由来ナイロンでできています。

歯ブラシと同じモウソウチクで作られた、軽くて丈夫な歯ブラシケースも販売されているので、外出や旅行の際にセットで携帯してみてはいかがでしょうか。

【公式サイト】HYDROPHIL(ハイドロフィル)

4.mana.(マナ)「竹歯ブラシ」

プラフリ―歯ブラシ

画像出典:mana.

「環境に負担のない製品をより多くの人が選択できることで、人と自然のバランスをよくする」をミッションに掲げるmana。独自の基準を軸に、キッチンからオーラルケアまで日常に欠かせないモノを取り扱っています。

国際森林認証制度FSCを取得したオーガニックの「竹歯ブラシ」。環境問題を考慮しつつ、機能性とデザイン性のある歯ブラシを作りたいという想いで生まれた、同ブランドの初商品です。原料となる素材や製造過程、それらの背景までこだわり、国際森林認証制度FSCを取得したオーガニック竹を採用しています。

コロンと丸みのある柄の部分は、持ったときの感覚や握り方を考慮したデザイン。ブラシ部分にはBPAフリーの超極細毛ナイロンを使用し、ヴィーガンにも対応しています。

【公式サイト】mana.(マナ)

    商品の詳細を見る:Amazon楽天
    金額:451円(税込)

5. Happy Quinoa(ハッピーキヌア)「ハッピーキヌア オリジナルヴィーガン竹歯ブラシ」

プラフリ―歯ブラシ

画像出典:Happy Quinoa

「誰もが暮らしやすく、人・地球・動物に優しい社会を創る」をミッションに掲げたHappy Quinoa。ヴィーガンやプラントベースなど、さまざまなサステナブル商品を世界中から集めています。地球環境に配慮した梱包から動物保護の取り組みまで、積極的に活動しています。

当ストアのオリジナル「ヴィーガン竹歯ブラシ」はエシカル設計で、環境に優しい無駄のないアイテム。環境への負担がない丈夫な竹を使用し、長く使えることを考慮してデザインされました。カラーバリエーションは全4色、再生紙でできたボックスの容器で届きます。

【公式サイト】Happy Quinoa Vegan Store(ハッピー キヌア ヴィーガン ストア)

    金額:600円(税込)

6.BALIISM(バリイズム)「BAMBOO TOOTHBRUSH BTB-01」

プラフリ―歯ブラシ

画像出典:BALIISM

2015年にバリで設立されたサステナブルブランド、BALIISM(バリイズム)。自然を愛するバリの伝統的な生活には、持続可能な暮らしのアイデアがたくさんあります。バリに惹かれた創業者が現地の素材を研究し、「良いものを長く使ってもらいたい」という想いで、天然素材を使ったオリジナル製品を企画・製造しています。

「BAMBOO TOOTHBRUSH」は使い捨てプラスチックごみの削減を目指せる、地球にやさしい歯ブラシ。天然竹の優しい手触りと、握りやすい円筒形状のハンドル部分が特徴的です。竹は成長が早く、環境負荷が少ないモウソウチクを使用しています。ブラシ部分には植物由来のひまし油から製造したナイロンを使用。柔らかい毛質のバイオマスブラシは、もちろんBPAフリーです。

【公式サイト】BALIISM(バリイズム)

    商品の詳細を見る:Amazon Yahoo
    金額:660円(税込)~

7. THE HUMBLE CO.(ザ ハンブル コー)「バンブーハブラシ(レインボー)」

プラフリ―歯ブラシ

画像出典:HUMBLE.CO

スウェーデンで生まれ育った歯科医、ノエル・アブデイエムによって設立されたThe Humble Co.の商品は現在世界中の、7万を超える店舗と歯科医院で販売されています。商品はすべて歯科医の指導と監修のもと設計・製造されていて、機能面はばっちり。環境問題に関心の高いノエルならではの視点で、環境保全の面でも安心感のある商品を展開しています。

シンプルでミニマルな美しいデザインと機能性が特徴の、北欧デザインを活かしたバンブー歯ブラシ。竹材を使用した柄の部分は人間工学に基づいてデザインされ、手にしたときに馴染むような設計です。植物由来の原料を使用したブラシ部分も、特殊なカーブの形状でより磨きやすくなっています。小回りの利くキッズサイズも販売されているので、家族で揃えるのもおすすめです。

【公式サイト】THE HUMBLE CO.(ザ ハンブル コー)

8. MiYO-organic-(ミヨ オーガニック)「オーガニック竹歯ブラシ」

プラフリ―歯ブラシ

画像出典:MiYO-organic-

日常的に、サステナブルで心地の良い選択肢がある社会を目指して設立されたブランド・MiYO-organic-(ミヨ オーガニック)。一晩で使い捨てられる、ホテルのアメニティ歯ブラシへの疑問がきっかけになって生まれました。

「オーガニック竹歯ブラシ」は100%オーガニックでBPAフリーの、人と地球に優しい竹歯ブラシです。防カビ剤や漂白剤は一切不使用、紫外線と超音波で消毒殺菌を行っているのだそう。通常サイズとminiの2サイズ展開で、miniにはやわらかめとふつうの2種類の毛質があります。また日本人の口腔に合う小さめのヘッドは、歯科衛生士監修のもと設計されました。

リーズナブルな値段設定なので、初めてのエコ歯ブラシとしてもいいかもしれませんね。

【公式サイト】MiYO-organic-(ミヨ オーガニック)

9.GOOD NATURE HOTEL KYOTO「竹歯ブラシ」

京都市内のど真ん中、河原町にある「GOOD NATURE HOTEL KYOTO」は、「心と体に心地よく、地球環境にも優しい 新しいライフスタイルを楽しむホテル」をコンセプトにしています。
環境や健康に配慮した建物が認定される「WELL Building Standard™」でゴールドランクを取得(2020年8月)した、心地よさが約束された空間。デザインや内装だけではなく、客室のアメニティなど、細部までコンセプトが浸透しています。

またゲストでなくても参加できるウェルネスイベントも開催していて、足を運びたくなる理由がたくさんあるホテルです。

ホテルのアメニティのひとつである、竹歯ブラシ。柄の部分には循環素材であるオーガニックの竹を使用し、薬剤を使わずに加工しているため、安心感がありますね。ホテルのロゴも可愛く、歯磨き時間が旅気分に!ホテル内でもオンラインでも購入できます。

【公式サイト】GOOD NATURE HOTEL(グッドネイチャーホテル)

    商品の詳細を見る:Yahoo
    金額:300円(税込)

自然に還る素材や、プラスチックフリーの歯ブラシをご紹介しました。気にはなっていたけれど選び方がわからないという方も、それぞれの特徴から今の気分にピッタリなものを選んでみてくださいね。

【関連ページ】ゼロウェイスト生活でできること!アイデアまとめ【洗面所編】
【関連ページ】プラスチック新法で私たちの暮らしはどう変わる?【全国のホテルチェーン17社まとめ】

The following two tabs change content below.

mia

旅するように暮らす自然派ライター/オーガニック料理ソムリエ | バックパックに暮らしの全てを詰め込み世界一周。4年に渡る旅の後、AUSに移住し約7年暮らす。移動の多い人生で、気付けばゆるめのミニマリストに。 ライターとして旅行誌や情報誌、WEBマガジンで執筆。現在は自然に沿った生き方を自ら実践しながら発信中。地球にも体にも優しい暮らしのヒントをお届けします。