TAG 食品ロス

コラム

「フードマイレージ」とは?日本の現状や持続可能な食事選びをするためのポイントを紹介

食料の輸入による環境負荷を把握できる「フードマイレージ」。食料自給率が低い日本では、このフードマイレージの高さが問題となっているのを知っていますか。フードマイレージの計算方法や世界と日本の現状と問題点、さらにフードマイレージを減らすための食事選びのポイントなどを分かりやすく紹介します。生活の中でフードマイレージについて見つめ直してみましょう。

さとふる、地域のパン屋とフードロス削減を応援する「全国各地のパンを楽しもう!パン特集」実施中! 全国各地のさまざまなご当地パンが楽しめるニュース

さとふる、地域のパン屋と食品ロス削減を応援する「全国各地のパンを楽しもう!パン特集」実施中

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」が、全国各地の個性豊かなパンを紹介する特集「全国各地のパンを楽しもう!パン特集」を公開中だ。現地のパン屋を応援し、食品ロス対策や販路拡大に貢献することを目的としており、ふるさと納税の返礼品を検討しながら、全国各地のさまざまなご当地パンについて知ることができる特集となっている。

コラム

「消費期限」と「賞味期限」とは?違いを理解して食品ロスを減らそう!

私たちの生活に必要な食品の期限には「消費期限」と「賞味期限」の2種類あります。それぞれの期限の意味や対象商品、表示方法などの違いが分かれば、毎日の暮らしの中での食品ロス削減に役立ちます。また、食品ロス削減のために一人ひとりができることについても、場面ごとに分けて紹介します。

コラム

「日本の食料自給率」の現状は?課題や改善のための取り組みを紹介

「食料自給率」とは、国内で供給された食料のうち、国内で生産された食料の割合を指す指標です。日本の食料自給率は、先進国の中では特に低いとされています。この記事では、日本の食料自給率の算出方法や現状、課題などについて解説します。未来の食のため、そして食料自給率を上げるために、私たち消費者が生活の中でできる取り組みも紹介します。

パン夜市レポート

【京都・パン好き必見】ロスパンを美味しくお得に!「パン夜市めぐる」を取材

パン職人の1日は夜明け前に始まり、多くのパン屋では、朝7時から8時には焼きたてのパンが店頭に並びます。しかし、ほとんどのパン屋は夕方6時から7時には閉店し、その日に販売されなかったパンは廃棄されてしまいます。

この問題に取り組む「パン夜市めぐる」は、そんなパンを買取り、それを人々に届けることを目的としています。

コラム

食品ロス削減に貢献できる!購入できる商品別に、訳あり品サイト14個を比較してみた

最近では、さまざまな理由で規格外となった”訳あり品”をお得に購入できるサイトが増えています。一般のスーパーなどに比べて安い価格で商品を購入することができるので1個あたりの単価が安く、「もったいない」や「食品ロス」の削減にも貢献することができます。そこで今回は、購入できる商品別におすすめの訳あり品サイトを紹介します。

フードドライブコラム

【2024年】食品ロス回収を実施している企業や店舗まとめ!フードドライブとフードバンクの違いも

お歳暮やお中元などでいただいたものや、食べ切れそうにない食品はありませんか。まだ食べられるけれど、食べ切れそうにない食品はフードドライブへの提供を検討してみるのも一つの手です。フードドライブは廃棄予定の食品を、生活に困っている人やそれらを求める団体などへ寄付する取り組みです。

今回はフードドライブを常設、もしくは定期的に行っている団体を紹介します。身近に参加できる場所があるかどうか参考にしてみてください。