TAG 古本

本コラム

売れない本はどうしてる?古本を寄付する場所や方法まとめ

家に眠る古本の数々。買い取り専門業者への持ち込みや、フリマアプリなどを利用して個人間で販売するほかに、寄付という選択肢もあります。寄付する側は身辺整理ができてスッキリ、さらに寄付することが社会貢献にもつながるため、おすすめの方法のひとつです。

どのような場所で寄付できるのか、そしてその際に気を付けることなどを紹介します。

古本コラム

本を高く売るならどこがいい?メルカリなど古本の売買ができるアプリ5選

読まなくなった本は、古本買い取りサービスに持っていって売るほかに、買い手と直接やり取りをして売ることができるアプリがあります。アプリではもちろん売るだけではなく買うことも可能。本を簡単に売れるのはもちろん、本そのものの寿命を長持ちさせるためにも、フリマアプリの利用を検討してみませんか。

メルカリリポートコラム

メルカリで売れた本のエコな梱包と発送方法!読まなくなったら次の誰かへ

家のなかで高く積みあがった書籍、なかにはもう読まなくなったものも多いのではないでしょうか。特に紙類は場所を取るため、スッキリ暮らしたい人にとってはできれば潔く手放したいもののひとつ。今回は、それらの本をフリマアプリ「メルカリ」を使って手放す方法をリポートします。

古本コラム

断捨離におすすめ!古本宅配買取サービス8選

一度読んだ後、いつかまた読むかもしれないと置いてある本はありませんか。書籍は思いのほか家のスペースを占領しています。保管していても、実際にはもう読まないことも多いですよね。定期的に読むものではないなら、この機会に買い取り業者に引き取ってもらってはいかがでしょうか。今回は古本買い取り専門業者、リサイクルショップを紹介します。

LUSHイベント

【11/19~12/10】「古本を通じた難民支援キャンペーン」 by ナチュラルコスメブランドLUSH

紛争や人権侵害などから自分の命を守るためにやむを得ず母国を追われ、逃げざるを得ない状況に陥った難民。様々な理由から日本にたどり着いた難民が、日本にもたくさん暮らしています。

この度、古本回収を通して日本に暮らす難民支援を目的にしたキャンペーンが、英国発のナチュラルコスメブランドLUSH(ラッシュ)により実施されます。回収した古本を、株式会社バリューブックスが運営する、本の循環を考えたサステナブルな古本買取サービス「charibon(チャリボン)」で査定および換金し、認定NPO法人難民支援協会に古本の換金額全額を寄付するものです。これにより、コロナ禍で悪化する日本に暮らす難民の困窮した生活の改善に役立てられます。